薬剤師転職の為の情報サイト!

6629875515_a5fb1415db
薬剤師であるあなたが、転職を考え初めたのには、様々な原因があるかと思います。

その一つに職場でのストレスが原因でしたなら、転職が一番のストレス解消法であると、当サイトでは強くおすすめしています。
詳細=>薬剤師の過度の職場ストレスには転職が一番

また、結婚による住まいの移動、スキルアップの為なども転職原因の一つですね!

そしてあなたは転職の為の活動を始めるわけですが、その前にどのような職場で働きたいのかを明確にさせないと前には進めません。

しかし、もう決まっているよ! という方は次に進みましょう。

それは、転職支援サービスに登録することです。

ハローワークはだめなの?

と言われる方もいますが、ハローワークに関して当サイトではおすすめしてません。

なぜなら、中にブラックな企業も多く存在するからです。
詳細=>薬剤師の転職にハローワークの求人は使えるか?

ですので、あなたにとって最もふさわしい転職支援サービスに登録することが、最良の選択なのです。

そこで当サイトでは、あなたの転職に於ける不安を解消すべく、多くの情報を提供していきます。

管理人も転職組ですので、あなたの為に役立つ情報を提供出来る自信があります。
詳細=>プロフィール

どうぞ宜しくお願いします。

薬剤師の仕事事情

薬剤師の求人サイト情報

薬剤師の求人動向

売りて市場と言われている薬剤師の求人状況ですが、今後どうなっていくのでしょう?

一般社団法人 薬学教育協議会より、こんな統計結果が出されています。

135136
出展:「薬剤師需給動向の予測に関する調査研究」報告書

このグラフで解ることは、平成33年を境界に、薬剤師の需要と供給が逆転するということです。

ですから、平成33年までは有利な条件で転職出来るということを表しています。

132945
出展:「薬剤師需給動向の予測に関する調査研究」報告書

又、就職先は何処が一番多いのかといいますと、上の表(大卒の就職先を表したグラフ)のように薬局が一番就職者数が多いことがわかります。

これは、ドラッグストアの急激な伸びに原因があり、それに伴い高給での募集によるものでして、けっして人気があるからだけではないです。

人気だけで観るなら、やはり病院薬剤師が一番でして、給料はそれほど高くないですが、チーム医療の一員として働くことにやり甲斐を感じるのでしょう、しかも確実にスキルアップします。
詳細=>薬剤師の就職・転職で調剤薬局と病院薬局の人気度と違いについて!

結論として、今後暫くは、薬剤師の売り手市場という結果が出ていますので、あなたの要望も通りやすく、今現在の仕事先に不満のある方は、転職を考えてみるのも良い時期です。

薬剤師求人で求められる人材

a1260_000002

薬剤師はドラッグストアのみならず病院でも、チーム医療ということで、患者と直に接っするようになったり、色々な分野の医療従事者を繋ぐ役も担っていますので、コミュニケーション能力というのは必須のものとなります。

それに加えてマネージメント能力が備われば、本当に欲しい人材ということになりますが、若くしてそれらの能力を備えるのは無理があります。

そこで、ミドル薬剤師に注目が集まっていたりもします。
詳細=>ミドル薬剤師の転職は不利か?【中小企業編】

ということで、これからの薬剤師は、薬剤師免許を持っているからといって、ほとんどの方は、条件の良い職場に就くことは出来ない時代が来ます。

運とコネのある方なら、大企業の研究室に入ることが出来たり、役人薬剤師の道もあったりして、安定したライフワークをおくることが出来るでしょう。あなたはどうですか?

ですから、需要のある今のうちに、高条件の職場に転職することが、将来を見据えて一番賢い選択だといえるのです。

薬剤師の求人先選びのポイント

人間関係の良い職場

薬剤師の求人先に求めるのは、人間関係の良い職場であることは当然のことで、ここが最も大事なポイントではないかと私は思っています。

ただ、このことまで踏み込んで、その情報を知り得ている転職サービスサイトはなかなか無いです。

ですが、この事を知る手掛かりはあります。

それは、仕事量とその効率でして、どのくらいの仕事をこなしているのかで、その職場の雰囲気も大体つかめます。

人間関係の悪い職場では、仕事の効率が悪く、売上、患者数、顧客の数も増えていきません。

ですから、その職場の作業量や、業績などまで踏み込んで調べている転職サービスを選ぶことが大事になってきます。

是非、業績の良い職場を選ぶようにしてください。

そのことは、あなたの給料UPにも繋がることになるので、結構大事なチェック項目です。

家庭と両立出来る職場

医療業務に携わる方の宿命として、異動というのは当たり前のように行われていた時代もありましたが、昨今は個人の意見を尊重してもらえるようになり、異動も減ってきています。

しかし、まだまだ国立病院などのように異動の多い所もありますので、家族を持つものとしては辛いところです。

又、通勤時間が長い職場では、それがストレスに繋がりますので、できるだけ避けたいですね!

このように転職するとなると、様々な問題が出てきますが、あなたの要望を叶えてくれる転職サービスサイトを選ぶことは非常に大事でして、一部の転職サービスなどは、「その条件ですと僻地しかないですね」なんて平気でいってくるところもありますので気をつけましょう。

給料アップしたい

今、売り手市場である薬剤師の転職状況下において、給料アップを追求しない転職サービスサイトのコンサルタントなど、その求人先と組んでるんじゃないかと疑いたくなります。

是非、給料アップを全面に押し出している、転職サービスを選んでください。

今後は診療報酬の見直しによる収入減の影響、及び薬剤師供給過多による影響により、薬剤師の給料は、間違いなく下がる傾向にあります。

ですから、今のうちに、少しでも高給な仕事先、なおかつ業績が上向きの企業に転職を考えられたほうが、後で、あのとき転職しておけばよかったと後悔しないで済みますよ。

当サイトでおすすめの転職求人サイトは、何処も給料アップに力を入れていますので、安心してご登録ください。

おすすめの転職サービスの比較

当サイトおすすめの転職サービスを紹介します。他の比較サイトと大きく違い、求人数や紹介実績数の多い大手の転職サービスだけを、ただ無難に載せるような事はしていません。かなり吟味して調べた結果による順位になっています。どうぞ、各転職サイトの公式ページを覗いてみてください。きっと納得していただけるものと信じています。

rank1_a マイナビ薬剤師


*・*☆マイナビ薬剤師の強み☆*・*
人材関連サービスを40年以上にわたり提供してきた実績あります。
薬剤師転職支援サービスの利用動向調査にて、3年連続で「利用者満足度No.1」の評価を得ています。
※調査委託先:楽天リサーチ
「薬剤師の転職支援サービス主要15ブランドにおける利用調査」(2015年11月実施)
公式サイトはコチラ
↓ ↓ ↓
マイナビ薬剤師

rank2_a 薬剤師転職ドットコム


求人票だけでは分からない現場の雰囲気・人間関係・募集の背景・休暇取得状況忙しさなど、あなたが『本当に知りたい情報』をお伝えすることができます。 当サイトでおすすめの転職求人サイトは、何処も給料アップに力を入れていますので、安心してご登録ください。
詳しくはコチラ
↓ ↓ ↓
究極の薬剤師求人サイトはあなたに変わって職場探しをする
公式サイトはコチラ
↓ ↓ ↓
業界トップクラス!薬剤師転職サイト「薬剤師転職ドットコム」無料会員登録

rank3_a ジョブデポ

8万件以上の求人件数を誇る、日本最大級の薬剤師専門の転職支援サービスです。≪サービスの特徴≫

  1. 希望条件を専任のコンサルタントに伝えるだけで、スピーディーにお仕事をご紹介します。
  2. ご入職が決まると、最大60万円のお祝い金をプレゼントされます。
  3. 給与や勤務時間など直接聞きにくいことはすべてジョブデポが交渉します。

公式サイトはコチラ
↓ ↓ ↓
ジョブデポ薬剤師転職・薬剤師求人の会員登録

125325
おすすめの転職サービスに登録されますと、わずかながら発生する宣伝料の中から、当サイトでは、ボランティア・寄付の公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン に寄付を行っています。どうぞご協力をお願いします。

Menu

TOP