転職サイトと転職エージェント!お得な使い分け法

a0002_001424
転職を考えている方々にとって、まず最初に疑問に思うことがあります。

それが転職サイトと転職エージェントの違いです。

既にご存知という方でも、中には間違った利用法をされている方がいると、広告会社の担当から聞きましたので、ここで転職サイトと転職エージェントの、お得な使い分け法にも言及します。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイト

企業の求人情報を多く掲載し、求職者がその情報の中から、自分の求めている項目を検索、自分で応募を行うことができる情報提供サービスです。

又、求職者が、経験やスキルなどを詳細にプロフィールに記載することで、その内容に合った企業を紹介してもらえたり、反対に企業側がプロフィールを検索して直接オファーメールを送ったりすることもあります。

利点

  1. 気楽に利用できる
    • いつでもどこでも、気になる項目で検索出来る。
  2. 無料のサービス
    • 無料で利用できますので、退会する煩わさもないです。
  3. 求人数が多い
    • とにかく驚くほどの求人数でして、いろんな角度から検索できるのはうれしいですね!
  4. 調査するのに適している
    • 今現在、どんな求人があるのかなどを探るのには、もってこいのサービスでして、たまにチェックしておくのもありです。

欠点

  1. 何かと面倒
    • 全ての事を、自分でしなければならないので手間がかかる。
  2. 企業情報を正しく理解出来ない
    • 企業側も求職者も、お互いの求めている内容にずれが生じることが多く、無駄な時間を費やす事になりかねない。

転職エージェント

転職エージェントは、企業と求職者の間に入り、お互いの条件を聞き、それぞれマッチした人を企業側に紹介する人材紹介サービスです。

企業側には、どのような人材を募集しているのかの調査と、場合によってはコンサルなども行い、適切な人材確保のための手助けをしているのです。

又、求職者にとっても、様々な視点からそのスキルなどの調査を行い、適切な企業を紹介するといった、常に第三者の目で、お互いの接点を探りながらの作業をします。

このように、一見面倒なやり取り等があり、時間やコストがかかりますので、登録にためらう方もおられますが、実は、転職に最も近道であるのです。

利点

  1. サポートがある
    • 専任の担当者がついてヒアリングをしたりサポートしてもらえる。
  2. 無料のサービス
    • 無料で利用できますので、退会する煩わさもないです。
  3. 非公開求人がある
    • 表に出せないここだけの話的な求人でして、ここに高給案件が多く存在します。
  4. 確実性アップ
    • 入職率は確実に高いです。

欠点

  1. コンサルタントとの面談がある
    • コンサルタントと面談あるいは、メールでのやり取りがある。ただ、その他の時間的拘束は無く、むしろご自身で探すときの手間が無いので、時間の節約になっている面もあります。
  2. 求人数が少ない
    • これは、表面に無い非公開求人があるため、見た目では少なく思えますが、実は結構な求人数があります。中には非公開求人が全体の80%なんてところあるくらいです。

転職サイトと転職エージェント!お得な使い分け法

転職サイト

転職サイトについては、とにかくどのような求人があるのか調べるのに適してまして、今すぐ転職を考えていない方用とでも言いますか、将来的には転職したいと思っている方におすすめなサイトということになります。

ですので、求人数の多い、リクナビNEXTのような、大手のサイトに登録することは、お得な選択ですよね!

そして、いよいよ転職が本決まりになりそうになったら、転職エージェントに登録なさってください。

転職エージェント

転職エージェントは企業側と求職者との間をwinwinの関係で結びつけますので、入職の確実性はアップします。

ただ、それは求職者が転職エージェントに断られなかった場合によります。

実は求人者の中には、転職エージェントが紹介することのできない方がいます。

そんなときは、「ご希望の企業ですが、当社での扱いはございません!」などとやんわり断れます。

では、なぜそんなことになるかと言いますと、転職エージェント選びに失敗していることがあげられます。

今、最も人気のある転職エージェントは、

・リクルートエージェント
・マイナビエージェント
・DODA

といった、大手の転職エージェントです。

そこで、もしも断わられたとしたら、あなたは何の経験もスキルも無いことになります。

そんなあなたが選ぶべきところは、就職Shopなどの、既卒・フリーター向けの就職相談(求人紹介)サービスです。

ただし29歳までの方達しか利用できませんので、ちょっと狭き門とも言えますが、リクルートキャリア運営で、大手の求人も結構あります。

このように、専門的なところのほうが、確実性が高まります。

ですので、ただ人気だからというだけで、転職エージェントに登録するのは、決して賢い利用法とは言えないのです。

例えば、極端な例かもしれませんが、外資系や海外転職を希望されている方が、先の3社に登録しても、叶った案件を紹介してもらえない事があります。

ですから、そんな方は、JAC Recruitmentのような、専門のサイトに登録することになります。

このように、あなたはどんな職に就きたいのかを、「リクナビNEXT」などの転職サイトを見ながら探し、その後、専門の転職エージェントに登録することが、お得な使い分け法であり、最も賢い転職法といえるのです。

又、最新の専門系転職エージェントを紹介した記事が、こちらにありますので、どうぞ覗いてみてください。↓ ↓ ↓
2017年転職市場はこうなる!新築住宅は購入するな!

P.S
希望の転職先についての口コミは、こちらのVorkersで事前に調べてください。

そして、その内容を転職サイトのコンサルタントに伝えてみてください。

かなり深い求人先情報が聴き出せるかもしれませんので、是非お試しください。

■キャリアコンサルタントにお願いして、あなたの希望する転職先を探してもらうサービスです。
業界最大級の求人サイト「転職ならDODA(デューダ)」新規会員募集

総合案内ページはこちらになります。
=>薬剤師転職の為の情報サイト!

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※ポチッと1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります
にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ
    にほんブログ村

Menu

HOME

TOP