薬剤師が転職サイトを選ぶときはランキングよりも口コミや評判が正解

20180206-152021

薬剤師のあなたが転職を考えた時、最も必要とされる求人情報収集法は、やはり薬剤師専用の転職・求人サイトに登録することです。
その転職・求人サイト選びで失敗しない方法は、口コミなどで評判の悪いサイトを選ばない事です。

ほとんどの方は、薬剤師専用の転職・求人サイトを、それぞれ比較して選ばれているかと思います。

その比較基準が、求人数だったり、求人内容だったりと、わりと求人先だけに目がいってしまいがちですが、実は転職・求人サイトの経営姿勢のほうが大事なんです。

それは、どれだけあなたのために、親身になって転職先を探してくれるかだったり、どれだけ求人先についての情報を持っているかです。

そのところの判断を怠って、転職・求人サイトを選ばれた結果、以下のような口コミやら評判にあるような事に直面するのです。

2015/03/10(火) 09:27:58.80
〇〇と〇〇〇〇の女性カウンセラーは最悪だった
口のきき方も知らない。

2015/03/25(水)
〇〇〇〇薬剤師はウザすぎる。登録した瞬間携帯に電話かかってきやがった。
そのあとも担当変わりまくりで、現在の転職状況はどうですか?って
留守電入れまくり。死ねばいいのに。
SMSで送ってきたアホまでいたから英語で返信してやったわ。

2016/01/22(金)
〇〇〇〇薬剤師必死すぎてうざい
なお、解約できない模様

2016/02/11(木)
〇〇〇〇薬剤師にある案件について問い合わせたら、色々聞かれて「そのような条件ですと遠方になりますが・・・」と言われた。
自分が問い合わせた案件は通勤便利な近場。こっちが知りたいのは問い合わせした案件だけ。
時間の無駄だった。

2016/02/13(土)
〇〇〇〇なんて意識高い系の奴らで相当見下してるんだよ。
教育バッチリ、残業ほぼありません〇〇〇〇勧められて入ってみたら真逆とかザラ。
内情知ってて平気で紹介する守銭奴

2016/04/19(火) 12:16:07.96 .net
〇〇〇〇はカラ求人載せてるから信用ならない。

これらは皆、どの薬剤師の為の転職サイトランキングでも、上位に紹介されている大手転職サイトの口コミや評判です。

勿論、その転職サイトのエージェント全員に問題があるわけでは無いですが、こうなる社風に問題があるわけで、余りにもきついノルマが課せられていることが解ります。

それはそうですよね、あなたがよく目や耳にする会社ばかりですから、広告宣伝料が莫大な額であることはお察しの通り。

結局、一人のエージェントで、多くの顧客を担当することとなり、密なサービスが行き届かなくなる事が原因なのです。

では、どういった薬剤師の為の転職サイトがいいのかといいますと、

  1. 口コミ等で評判の悪い書き込みが無い
    • 逆に口コミ等に書かれているようなことのないように社内で取り組んでいる
  2. 転職希望者に親身になって対応
    • あなたの希望条件をクリア出来るように、入職を急がすこともせず、全力でサポートする
  3. 独自性
    • 独自の情報収集力を使って、他社には無い情報までも入手出来る

ということになります。

そして、それらをすべて満たした、薬剤師の為の転職サイトがこちらになります。
↓ ↓ ↓
業界トップクラス!薬剤師転職サイト「薬剤師転職ドットコム」無料会員登録

「薬剤師転職ドットコム」は、口コミで書かれているようなことを、逆に排除するするように、会社の方針として取り組んでいます。

ですから「薬剤師転職ドットコム」は、悪い評判やら口コミが聞かれないばかりか、既に10,000人を超える薬剤師転職のサポートをし、利用者から喜びの声が多数みられる業界最優良の転職・求人サイトなのです。

薬剤師の年収

「薬剤師転職ドットコム」は、年収アップを前面に押し出して、取り組んでいますが、一般的な薬剤師の年収について紹介します。

厚生労働省の「年賃金構造基本統計調査」では、薬剤師の平均年収は533万円と公表されていますが、仕事先でも少し違ってきます。

  1. 【製薬会社】・・・400〜800万円
  2. 【ドラッグストア】・・・400〜700万円
  3. 【調剤薬局】・・・400〜650万円
  4. 【病院薬剤師】・・・400〜650万円

上の数字は、業種による年収の違いを表していますが、最高賃金額に違いがあるものの、国家資格を持つ専門職ということもあって、一般のサラリーマンよりも高給です。

地域による違いは、首都圏よりも地方で働くほうが年収が高めになっていまして、厚生労働省の薬剤師都道府県別データでも、東京の平均年収478万円より101万円も高収入なのが静岡県で平均年収579万円です。

それでは、給料UPを狙うのに首都圏以外しか無いのかといいますと、そんなことはなくて、首都圏だって、例えばドラッグストアの管理薬剤師ならば、かなりの高給を期待できますし、病院薬剤師にしてみても、中小の病院なら大学病院よりも高給になっています。

とにかく、高給で求人募集をしているところは、地方に限らず首都圏にだって存在するのです。

このような薬剤師の給料については、薬剤師転職・求人サイトが最も多くの資料を持っている所でして、当サイト推薦の「薬剤師転職ドットコム」など、まず給料アップにつながる案件から紹介しています。

薬剤師のお得な転職時期

薬剤師の転職でお得な時期というのは、ボーナス月の1~2ヶ月前というのは、よく言われることでして、それは、ボーナスをもらってからの退職が多いからなんです。

特に10月頃からは、パート薬剤師の税金対策による時間調整が出てきますし、冬に向けて風邪が流行って来ますので、どうしても薬剤師不足になり、求人の数が増える時期になるからです。

では、10月頃から転職活動をすればいいのかといいますと、そうではなく、転職を思いたった時が、実はお得な転職時期とも言えるのです。

何しろ一年中、薬剤師の求人はあるわけでして、繁盛期より早くに優秀な薬剤師を確保したい、と思っている企業が多く存在するので、時期を気にしないで、早めの対策が良い結果に結びつくということです。

そして、薬剤師転職・求人サイトでは、企業側のそんな要求を満たすべく、薬剤師の選別をしているともいえるので、早くに登録して会員になっていたほうが、断然有利といえますね!

結局、年中お得な転職時期ともいえるのが、今現在の薬剤師転職状況なのです。

調剤薬局と病院薬局の人気度

薬剤師の就職先で最も多いのは調剤薬局ですが、それがそのまま人気度を表すわけではなく、実は病院薬剤師になれなかったからと言う人が、結構いるのが現実なんです。

やはり未だに病院薬剤師は人気があり、特に大学病院に人気が集まっている傾向があります。

それは、医療業務に携わっているという自覚の現れで、薬剤師自身、医療の最先端でのキャリアアップを望むことが、必然的に人気が高まる事に繋がっています。

ただし希望したからといって、誰でも受け入れてもらえるわけも無く、結局、求人需要が多く入職しやすい調剤薬局に、多くの薬剤師が働いているのが、現状です。

又、調剤薬局はワークバランスの点で優れているので、結婚や出産で一時医療現場から離れた女性薬剤師にとって、非常に働きやすいところとなっていますので、そんな女性薬剤師には人気の職場となっています。

このように、人それぞれに希望条件が違いますので、その職場の仕事内容にまで踏み込んで調べることは、転職においては大事なことなのです。

ですから、薬剤師転職・求人サイトも、職場の詳しい仕事内容や、職場の雰囲気にまで踏み込んで調べている所を選ぶ必要があるのです。

そして、そんなあなたの最も知りたがっている情報を持っている転職・求人サイトが「薬剤師転職ドットコム」になります。

薬局に転職するなら在宅療養支援認定薬剤師の資格を!

現在の急激な高齢化に伴って「在宅療養支援診療所」が設けられましたが、実は、なかなかうまく機能していません。

もしもあなたが薬局に転職したいと思っているのでしたら是非、在宅療養を行っている薬局を選んでいただけたらと思います。

それが、老人の孤独死を減らす事に繋がるからです。

そこで、薬局に転職したいあなたにお願いしたいのは、今のうちから在宅療養支援認定薬剤師の資格を取っておいてくださいということです。

これは、私からのお願いであり、多くの一人暮らしの老人の声でもあります。

資格については、日本在宅薬学会のサイトに有ります。

ドラッグストアへの転職は研修制度のある所を

これからのドラッグストアは、「健康食品の機能表示」義務化により、それらの知識も必要になります。

又、大手のドラッグストアでは、調剤薬局併設の所がどんどん出てきていますので、「リフィル処方箋」の制度により認定薬剤師や、専門薬剤師などの資格も必要になるかと思います。

このように、ドラッグストアでの勤務もだんだん激務化してきますので、ただ単に給料が高いからという理由だけで選ばないでください。

選ぶなら、スキル向上のための研修制度が充実しているところをお勧めします。

そして何よりも、ドラッグストアではコミュニケーション能力も必要なスキルであることを忘れないでください。

おすすめ薬剤師転職・求人サイト

今の薬剤師は、どの職場に転職されても、それなりに新しい勉強をしなければならない状況にありますし、ますます業務内容も複雑化してきます。

そこで、薬剤師の就職状況が売り手市場である今はまず、年収UPを念頭に置きながら、希望の職場を探してみてください。

でないと、忙しい割には給料が安いと、ぼやく結果となります。

そんなあなたのために、当サイト推薦の転職・求人サイト「薬剤師転職ドットコム」を紹介しましたが、もう一つ推薦したい転職・求人サイトがあります。

それが、「ジョブデポ薬剤師」というサイトでして、メディアに広告を出さず、口コミだけで多くの会員を集めている薬剤師専門の転職・求人サイトです。

多くの求人情報を知りたいという方は、2サイト同時に会員となる事をおすすめします

その際に心配になるのが、退会は簡単に出来るの?ですよね。

それは、この2サイトでしたら、まったく問題なく簡単スピーディーな処理でおこなえますので、安心して会員登録することが出来ます。

詳しくはコチラの記事に書いておきましたので、心配な方は、ご一読ください。
詳細=>薬剤師求人サイトの退会方法と登録削除法

では、「薬剤師転職ドットコム」と「ジョブデポ薬剤師」について簡単に紹介します。

薬剤師転職ドットコム

転職満足度 95.8%!

東証一部上場グループ メディウェルの薬剤師転職サイトです。

≪サービスの特徴≫

  1. 一人一人の「納得」を1番の判断基準にしています。
  2. 独自のネットワークがあります。
  3. 求人票だけでは分からない現場の雰囲気・人間関係・募集の背景・休暇取得状況忙しさなど、あなたが『本当に知りたい情報』を知ることが出来る。

詳しくはコチラにあります↓ ↓ ↓
薬剤師の求人で最強サイトは@薬剤師転職ドットコム

button_001

ジョブデポ薬剤師

8万件以上の求人件数を誇る、日本最大級の薬剤師専門の転職支援サービスです。

≪サービスの特徴≫

  1. 希望条件を専任のコンサルタントに伝えるだけで、スピーディーにお仕事をご紹介します。
  2. ご入職が決まると、最大60万円のお祝い金をプレゼントされます。
  3. 給与や勤務時間など直接聞きにくいことはすべてジョブデポが交渉します。

button_001

P.S.
ハローワークで転職先を探しても良いのですが、高給のところもなく求人数も少ないので、あまりおすすめしません。

ただ給料が安くても地元で働きたいという方でしたら、当たってみるのもいいかもしれません。

ハローワークの求人表に書かれている事と、実際入職したら違ってたなんてことは、今ではあまりない事ですのが、それ以前に求人表を見た瞬間に固まっちゃうかも! そうゆう所ですから。

ですから、やはり薬剤師専用の転職・求人サイトに登録されて、今以上に給料も多く出るるところ紹介してもらったほうが、あなたの将来を考えたとしても、とっても大事なことではないですか?

詳しくはコチラにあります↓ ↓ ↓
業界トップクラス!薬剤師転職サイト「薬剤師転職ドットコム」無料会員登録

総合案内ページはこちらになります。
=>薬剤師転職の為の情報サイト!

SNSでもご購読できます。