マインド

薬剤師の転職における論文試験への対策

f14

wmn0120-001
一般常識試験とは別に、

論文試験が課されることもあるのが、

薬剤師転職の特徴です。

 

応募先企業によっては、

論文などを書く必要がないこともありますが、

この類の試験を受験するということは、

それなりの意味があるのです。

 

もちろん、

薬剤師転職における論文試験に通るためには、

選考に通過するために知っておきたい項目があります。

 

論文試験の対策

では、

薬剤師転職における論文試験の対策としては、

一体どんなことをすれば良いでしょうか。

 

まず、

何と言っても、

文章を書く練習が必要になります。

 

この練習は、

野球で言えばバッティングをひたすら行って、

正しいバッティングのフォームを身につけるようなものです。

 

この練習をすることなく、

本番の試験で文章を書くことはできないのです。

 

もちろん、

練習不足で臨んだところで、

薬剤師転職が上手くいくことはありません。

 

だからこそ、

良い文章をたくさん真似て、

それを自分のものにしていくことが必要になります。

 

最初は見本を真似するという

練習から入っていくことになりますが、

それで問題ありません。

 

良い論文を書ける人は、

皆この段階からスタートしているのです。

 

そして、

論文を書く上では、

「論文は作文とは違う」ということも

意識しておかないといけません。

 

作文のようにただ文章にするのではなく、

問題提起、具体例や理由、

そして結論という文章の流れが

きちんとできていることが求められます。

 

もちろん、

自分の見解が含まれた上で、

価値のある論文のになることは、

言うまでもありません。

 

まとめ

薬剤師の転職における論文試験対策では、

とにかく、見本となる論文を多く真似てみるということでしたが、

その見本については、

転職エージェントに伝えて、

取り寄せてください。

 

ここで、当サイトお勧めの転職サイトを紹介します。
薬剤師が転職サイトを選ぶときはランキングよりも口コミや評判が正解

 

 
総合案内ページはこちらにあります
薬剤師転職の為の情報サイト!
 

薬剤師の転職で一般常識試験への対策とは?

f12

薬剤師転職の採用試験は、多岐に渡ります。

一般的には、面接試験が大きな比重を占めていると言われていますが、他の項目が全くチェックされていないということでもありません。

各種試験への対策をきちんと行うかどうかで、転職の意味も見えてきます。

ここでは、一般常識試験への対策についてお話します。

一般常識試験の対策

この類の試験は、難しいクイズ番組で出題されるような知識まで試されてるわけでもないので、そこまで極端に心配する必要はありません。

どんなジャンルでも得意でないと合格ができないというものではなく、あくまでも社会人としての一般常識を備えているかが試されているのです。

例えばですが、漢字を正しく使用することができるか、とか、敬語を正しく自然に使いこなすことができるか、時事問題に関して関心度が高いかどうか、といった点がチェックされます。

対策法としては、市販で販売されている問題集を一冊こなすことができれば、それで十分です。

あれこれと手を出すのではなく、あくまでも一冊に絞ってしまうことが成功のカギです。

そして、問題集を通じて弱点がどこにあるのかが分かったら、その部分の復習に尽力をすれば問題ありません。

ただし、漢字にしても敬語にしても時事問題にしても、誰もが正解できるような問題で不正解になるようなことが多々あると、このステップで落とされてしまうこともあるので、その点は注意が必要です。

一般常識試験対策の近道

今回は、一般常識試験への対策について、取り上げてみましたが、一冊の問題集を何回もこなし、自分の弱点を克服するというものでした。

ただ、勉強する時間も取れない程、日々の仕事に追われているあなたにとって、もっと効率的な方法をお知らせします。

それは、あなたが一般常識試験のある求人先への転職をお考えでしたら、まず初めに、マイナビ薬剤師のような、転職エージェントと呼ばれる転職サイトに無料登録し、担当のキャリアアドバイザーにいろいろと相談されることが望ましいのです。

現実的には、この方法が一番近道なのです。

マイナビ薬剤師の利用者から、こんな口コミがあります。

40代・男性・佐賀県
田尻様には2年間に渡り大変お世話になりました。
結局1年目は会社に残留し、2年目の今年、無事転職が決まりました。
色々と事情がありましたが、その度にお話をきちんと聞いていただき、事務的なアドバイスから精神的な支えまできめ細かくしていただき心より感謝しております。
一度として転職を急かされたことはなく、私が全て納得するまでサポートし続けていただけたからこそ、何の後悔も無く退職を決意する事が出来たのだと思います。
転職先に関しても、私の希望を丁寧に聞いていただき、また条件面に関しても、出来る限り希望通りに対応していただきました。
三社に登録しましたが、結局私はマイナビさんのみにお願いする形で転職をしました。
転職は担当してくださるキャリアアドバイザーの方の影響が大変大きいと思います。
そう言う意味で田尻様の様に素晴らしい担当者に対応していただけた事は本当にありがたく感謝でいっぱいです。
本当にお世話になりました。ありがとうございました。

どうですか?

転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談してみようかな!って思いませんか!

しかも、無料であなたの悩みに答えてくれるんです。

ですので、どうぞお試しいただき、将来に希望の持てる転職をなされてください。

関連記事:
薬剤師の転職で最も支持されているサイトは何処?それは利用者満足度No1の・・・

薬剤師の転職で印象の良い職務経歴書の特徴は?

f11

じ職務経歴書でも、採用担当者に良い印象を与えるものもあれば、それとは逆にあまり良い印象を与えないものもあります。

もちろん、前者の方が薬剤師転職を制することになるのは、言うまでもありません。

それならば、印象の良い職務経歴書を作成する方向で考えていくのが、理にかなった方法なのです。

印象の良い職務経歴書の書き方

では、第一印象を良くするためには、どんな点を心がけると良いでしょうか。

まず、全体の読みやすさです。

職務経歴書の作成ともなると、ついついアピールしたくなるのも、決して無理はありません。

そうなると、書類に文字をびっしり埋めたくなるものですが、これもやり過ぎてしまうと、かえって逆効果です。

これですと、読み手としては読む気持ちにならないからです。

また、応募者が多い状況ですと、読まないでそのまま不採用という結果をもらうことにもなり、非常にもったいないです。

このような点を考えると、小さい文字で細々と書くのだけは、避けた方が良いのです

それよりも、大きな文字で記入する方が、印象は良くなります。

次に、改行や余白をきちんと作っていることです。

職歴と職歴の間に余白があると、どの企業でどんな業務に携わってきたのか、スムーズに判断することができます。

それとは逆に、文字を詰めて記入することになると、どの職場でのキャリアなのかきちんと判断できず、採用担当者を困らせてしまうだけになります。

まとめ

以上のことを考えると、

全体の読みやすさを意識してみるのが、薬剤師転職が上手くいく可能性が高いです。

その他、履歴書関連の記事は、こちらになります。

薬剤師転職での履歴書の書き方の基本

薬剤師転職志望動機の作成

薬剤師の転職で職務経歴書の書き方の基本

薬剤師の転職で職務経歴書の書き方の基本

f10

職務経歴書も、

薬剤師転職では必要な書類の一部になります。

 

応募案件によっては、

職務経歴書を提出しなくても良いこともありますが、

応募者が多い場合や、これまでのキャリアを考慮した上で採否を決めるような場合ですと、

提出が必要になります。

 

職務経歴書は、

履歴書では補うことのできない内容に関してアピールをすることができるので、

採用側にとっては、有効な判断材料になるのです。

 

職務経歴書の書き方

では、薬剤師転職における職務経歴書の書き方の見本ですが、

どのように考えてみれば良いでしょうか。

 

まず、記載する順番ですが、

時系列になります。

 

古いものから最新のものへと流れるように記載をしていきます。

 

そうすることで、

どのタイミングでどんなキャリアを積んだのか、

一目で分かるからです。

 

もし時系列を意識できていないと、

読み手としては混乱を招いてしまうので、

良くありません。

 

次に、

職務経歴書にアピールする内容ですが、

社内用語の記載は避ける方が無難です。

 

というのも、

社内用語はあくまでも社内の人にしか分からないので、

読む人にとっては、

難解に感じてしまうからです。

 

もしどうしても社内用語に関連する

内容をアピールしたいのであれば、

1回読めば内容を分かるような語彙に

直してアピールする方が無難です。

 

また、

自分の実績を上手く伝えるようにするためには、

具体的な数字を入れてみるのも効果的です。

 

例えばですが、

1日に20件のカルテ作成に携わった

などのように数字を盛り込むだけで、

印象が全く異なります。

 

職務履歴の書き方は転職エージェントに聞く!

このようにして、職務履歴を書いていきますが、

これは、あなたのアピールポイントとして、

大事なことですので、必ず書くようにしましょう。

 

ただ、この職務内容が、

果たして、転職希望先の企業が欲しい内容なのかはわかりません。

 

そこで、転職エージェントの出番となります。

 

あなたのアピールポイントを転職エージェントに伝え、

その部分の人材を必要としている、

数企業を紹介してもらうのです。

 

その中から、

あなたの希望とする条件に合った

企業を選択する事になります。

 

ですので、転職サイト選びは

担当のエージェントが付く事と、

直接相談にのってもらえる事が、

大事なポイントになります。

 

そこで、

当サイト推薦の転職サイトを紹介します。

どうぞ、参考にしてください。

薬剤師転職サイト決定版!

 

 

薬剤師転職志望動機の作成

DCF 1.0

志望動機を作成することは、多くの方にとって、頭を悩ませてしまうものです。

もし最初から上手く作成できるのであれば、特に悩むようなことはないですが、さすがにそうもいかないのが現状です。

だからといって、志望動機の欄を空欄にして薬剤師転職に臨むようでは、採用担当者にやる気を伝えることが難しくなってしまいます。

それならば、どのようにして志望動機を作成すれば良いかについて、事前に知っておく方が賢明です。

志望動機作成法

では、志望動機を練るにあたって、大切なことは何でしょうか。

まず、自分の言葉で書くことです。

この際、面接のマニュアル本のようなものを参考にする必要はありません。

もしどのようにして文章を構成すれば良いのか分からないのであれば、マニュアル本を参考にして作成しても、特に問題はありません。

ただし、その際にマニュアル本の内容を丸写しにする行為は、くれぐれも控えるようにしないといけません。

そんなことをしたところで、採用担当者の目にはばれてしまうのがオチですし、何よりも自分の熱意が伝わることがありません。

真似をしても良いのは、文章の「型」であって、内容ではないのです。

次に、ベクトルを企業側に向けることです。

志望動機というと、自分がしたいことを書きたくなるものですが、大切なことは、どのようにして応募先企業の役に立つことが出来るかを述べることです。

これだけのことでも、採用担当者の心に少なからず響き、その結果採用を勝ち取ることができるようになるのです。

そのためにも、面接先の企業についての情報は必須のものとなります。

ですので、的確で多くの情報を持っている転職サイト選びが大事になります。

そこで、当サイトおすすめの転職サイトをご紹介します。

ぜひご活用ください。

薬剤師転職サイト決定版!

 

 

薬剤師転職での履歴書の書き方の基本

Pills pouring from a medication bottle

履歴書は、どの薬剤師の案件でも、提出が必要になります。

事前に書類選考をするパターンであっても、あるいは書類選考をしないで本選考に入る場合でも、いづれも必要になります。

逆に言えば、履歴書を全く提出することなく選考プロセスが進むということは、まずありません。

もちろん、選考プロセスにおいて、採用担当者が目を通すことになるので、良い印象を与えるようにしたいものです。

履歴書の書き方

では、薬剤師転職における履歴書の書き方の基本としては、一体どんな点を心がければ良いでしょうか。

まず、字は丁寧に書くことです。

パソコンを使用する場合は、この限りではないですが、手書きで作成するのであれば、一字一字を丁寧に読みやすく書くことは、絶対に心がけないといけません。

もし雑な書き方をしてしまうと、その段階で選考の対象から漏れてしまうことにもなりかねないので、気をつけるべきポイントでもあります。

次に、学歴と職歴の年号に関してですが、これは和暦でも西暦でも問題ありません。

ただし、和暦と西暦を混同してしまうと、全体のバランスが悪くなってしまうので、どちらかに統一した方が見やすくなります。

もちろんですが、学歴も職歴も、虚偽の申告をすることは、絶対にしてはいけません。

あくまでも事実に基づいて記入をするからこそ、履歴書としての価値があります。

また、空欄に関しては、特別な事情がない限り、作らない方が良いです。

もし空欄が多いと、転職におけるやる気を疑われてしまうことにもなりかねないからです。

まとめ

面接時に、この履歴書の内容を中心に質問がありますので、あなた自身の分身を作成するようなつもりで書いてください。

そのためにも、あなた自身を第3者の目で見つめる事も忘れないで下さい。

その方法については、下の記事を参考にしてください。

薬剤師としての自分自身の強みの把握

薬剤師!これまでのキャリアの整理

薬剤師に転職したい理由の明確化

 

薬剤師転職での手段別書類作成の比較

f7

薬剤師の転職においては、応募書類の作成をするということも、忘れてはいけません。

どんな応募書類でも、採用担当者の目には留まることになるし、この段階で良い印象を残すことができるかどうかで、次に駒を進めることができるかどうか決まってきます。

手段別書類作成について!書類作成について考えてみると、手書きの方が良いのか?あるいはパソコンを使用して作成するのが良いのか?と言った疑問も出てきます。

では、この2つの方法について比較してみると、どちらの方がより優れていると言えるでしょうか。

これについては、いづれもそれなりの良さがあると考えて問題ありません。

手書きのものですと、丁寧に作成することができる人にとっては、大きなメリットとなります。

手書きである以上、仕上がりに差が出るのは至って普通のことなのですが、だからこそ他の応募者と差をつけることができるというメリットがあります。

それに対して、パソコンを使って作成をした場合は、パソコンを使用することができるとアピールできます。

実際に薬剤師の仕事に就いた後、手書きでカルテを記入することもある反面、パソコンに情報を入力してカルテを作成することもあります。

もしこの場合にパソコンを使うことに支障がなければ、それだけでも大きな戦力になります。

まとめ

ただし、いづれの方法で書類作成をするにしても、アピールポイントや基本的な書き方などがきちんとできていることが、第一に大切であることは、当然ながら言うまでもありません。

そして、どちらも、あなたのアピールポイントになることですので、面接では、積極的に会話の中に盛り込むようにしましょう。

また、面接時の会話内容はどうすればいいかわからない方は、当サイトおすすめの転職サイトに、無料登録することをおすすめします。

薬剤師転職サイト決定版!
転職エージェントは、面接時における、会話の内容についても相談できますので、なんでも相談してみてください。

 

 

薬剤師の転職では理想を描写!

f6

理想の薬剤師について自分なりに描写をしてみることで、

なりたい自分についてより深くイメージをすることができます。

 

このような描写をするのは、

普段から行うことはそうないので、

少しばかり難しく感じてしまうかもしれないですが、

慣れてみれば非常に楽しくなります。

 

また、このワークを行うことで、

薬剤師への転職が非常に有意義なものになるだけでなく、

楽しくもなります。

 

理想の薬剤師を描写する

では、

この描写については、

どのように行ってみると良いでしょうか。
ここで大切なことは、

理想の姿をできるだけ思い浮かべてみることです。

 

例えばですが、

業務そのものに慣れてきて、

お客様と上手くコミュニケーションを取っている

自分の姿を思い浮かべてみます。

 

これだけのことでも、

お仕事の楽しみを見出すことに繋がっていきます。

 

更に、

お客様とコミュニケーションを取る時に、

ぎこちなく行動をするのではなく、

マニュアルに縛られないで臨機応変に対応し、

コミュニケーションそのものを楽しんでいる姿を

思い浮かべることができれば、

理想の姿をより鮮明に思い浮かべることができます。

 

本来の理想の姿とは!

他には、

仕事を始めてから月日がある程度経過し、

後輩達からも頼りにされるような

人材に成長することができれば、

お仕事に対する良い意味での

余裕が生まれてくるようになります。

 

理想の姿とは、

単に給料や昇格だけを狙って

仕事に臨むことではありません。

 

そんなモチベーションでは長続きがしないですし、

それよりは仕事そのものを楽しむ方が、

理想的であると言えるのです。
そして

あなたの理想像を認識出来たなら、

次に、当サイトおすすめの転職サイトで、

様々な情報を入手してください。

薬剤師転職サイト決定版!
きっと、あなたの理想とする薬剤師の手助けとなることでしょう!

薬剤師の転職における自分自身の強みの把握

f5

自分自身のことに関して知っていれば知っているほど

薬剤師転職は有利に進むと言われています。

自分を客観的に理解するということは、

過小評価でもなければ過大評価でもないですし、

きちんと棚卸しをしているとみなされるからです。

 

自分の強みを探す方法

それならば、

実際の薬剤師転職に臨む前に、

自分が一体どんな強みを持っているのかについて

知るように努力をしてみることです。

 

では、

強みについてはどのように探していけば良いでしょうか。

 

まずは率直に挙げるだけ挙げて問題ありません。

 

どんな強みであっても、

自分が強みだと思っているのであれば、

それで問題ありません。

 

例えばですが、

仕事に対してテキパキとこなすことができるとか、

あるいは学ぶことに対して貪欲であるということでも、

立派な素養になります。

 

どちらの例も、

薬剤師としての役割を果たしていくためには、

必要になるからです。

 

強みの根拠を考える

そして、

ある程度の強みを把握することができたら、

その強みの根拠となる点について考えてみます

 

根拠まで理解をしていれば、

本当に自分を理解していることになるし、

根拠がないと、

ただの主観でしかないと取られてしまうこともあります。

 

これまでのキャリアを通じて、

自分自身の強みを磨いてきたという経験は、

多くの方にあるものですが、

キャリアと照らし合わせて考えてみることも、

自分について客観的に知る第一歩になります。

 

人によっては、

このステップで時間がかかるかもしれませんが、

それは良くあることなので、

特に気にする必要はありません。

 

そして

強みを把握し、その根拠も理解出来たならば、

当サイトおすすめの転職サイトで、

様々な情報を入手してください。
薬剤師転職サイト決定版!

薬剤師!転職でこれまでのキャリアの整理

f3

これまでのキャリアの整理を行ってみることは、

薬剤師の転職に臨む前の棚卸しにおいては、

非常に重要な位置を占めているのは、

言うまでもありません。

 

キャリアの整理は大事

実際にこれを行わないまま、

薬剤師への転職を試みたところで、

ことごとく失敗することは、

それこそ目に見えています。

 

それならば、

これまでのキャリアに関して、

今一度整理してみるのがおすすめです。

 

しかし、

過去のキャリアを整理するともなると、

どこか難しいイメージを持ってしまうものです。

 

ただ、

実際に行ってみれば、

そう難易度の高いものではないことに気づきます。

 

では、

過去のキャリアの振り返り方について、

ここでは見てみましょう。

 

キャリアの整理法

過去の経歴に関して整理をする時、

転職先に関連する職業以外のキャリアについては、

意味がないと考えてしまうこともあります。

 

しかし、

その考え方は、

実は間違っているのです。

 

どんなキャリアを積んできているにしても、

無駄になっているものはないのです。

 

例えばですが、

これまでに接客業しか経験がないという方でも、

それは立派なキャリアになるのです。

 

というのも、

薬剤師のお仕事は、

言わずと知れた接客業ですし、

お客様や患者さんとコミュニケーションを取ることは、

頻繁にあるからです。

 

また、

事務職についても同じことです。

 

実際に採用されて職場に配属になると、

カルテの記入など、

事務的な作業も行うことになるので、

事務の経験は活かされることになるのです。

 

このように考えると、

これまでの色々なキャリアも十分に意味があるのです。

 

そして、整理がついたならば、

当サイトおすすめの転職サイトで、

様々な情報を入手してください。
薬剤師転職サイト決定版!