面接の前にしなければならない事と基礎知識

多くの方は、面接について好印象をもたれていない事でしょう。

しかし会社側にとっても、志望者側にとっても、もっとも大事な時間であり、場所なのです。

ここでは、其の事の意味をご理解いただく為の基礎知識を紹介します。

面接の前にしなければならない事がある

面接を受ける前に、大事なポイントがあります。それは、会社・職種などは自分に合っているかどうかを、とことん調べる事です。

このことはもっとも重要なポイントでして、これを怠ると、面接の時、双方に大きなすれ違いが起き、面接官に見透かされてしまいます。

 

そうならないためにも自己分析が必要であり、自分の適性を把握する必要があります。

例えば、「自分は何時も明るい性格なので接客業に向いている」「自分は、無口で暗いイメージなので、機械相手の工業系が向いている」など、まず大雑把な所から、細かく自己分析をして、正しい適性把握をすることが大事です。

 

面接の目的

会社側が面接(試験)を実施する目的としては、志望者が自分の会社に入ってもらいたい人かどうかを判断する事があげられます。

会社側の必要とする人材とは、今現在欲している部署でのスキルがあるか、又、会社の未来にとっても、プラスになるであろう人です。

そのために、あらゆる角度からの質問を浴びせられる事になります。時には、二次面接、三次面接があったりもします。

面接のチェックポイント

ただ、この面接の目的は、会社側だけにあるのではなく、実は志望者側にもありまして、それは、この会社は本当に自分の描いていた会社なのだろうかを、調べる絶好の機会なのです。

そこで、特に注意して貰いたいのは、「その会社でやっていけるか?」「昇給・福祉面の待遇面は?」などを考えながら、面接を受けてください。

とにかく、疑問に思う所や、解らない所は、積極的に質問しないと、又、転職失敗組に入ってしまう可能性が高くなります。

そして、ご自身が思い描いていた通りの転職をされる事を願っています。

 

※薬剤師の方で、転職をお考えでしたら、こちらの記事もご覧いただければと思います。
薬剤師転職サイト決定版!

SNSでもご購読できます。