東京の病院での薬剤師募集要項にやりがいを感じない

bil0043-003
東京の病院で働きたいと思っている薬剤師さんにお知らせとお願いです。

あなたは、病院薬剤師になって、色々とキャリアを積んで患者のためになるんだ、なんて考えているかもしれませんが、そんなに簡単なことではないことを承知願いたいのです。

それは、チーム医療という制度により、薬剤師も病棟で患者に服薬指導をすることになりました。

だからといって、以前は看護師がしていたことを薬剤師がするようになったにすぎませんし、看護師の過労軽減になっただけです。

また、病棟に出ることで、医師や看護師との間に挟まれ、何の権限もなく、あいかわらず医師の権限のもとに事が運ぶ為、ただ煙ったい存在にしかならず、結局は調剤マシーンと雑用係に終止するのです。

ですから、病院薬剤師を目指す方は、その病院は本当にキャリアアップ出来るところなのか、職場の雰囲気はどうなのか、本当の意味でのチーム医療が出来ているのかなどを調べる必要があります。

ただ、東京の病院での薬剤師募集要項(東京女子医科大学病院 薬剤部を見ると、チームワークで協力し合える協調性は大切と、書かれているのを見ると、その具体性の無さに、いかにチーム医療が出来ていないかがわかりますし、なによりも給料が安い事がみてとれます。

結局、医師の権限が強すぎて、上手く機能しないんですね、そのことは、医師会の強さを表しているとも言えますね!

しかも、給料の面では、6年も専門の大学で勉強し、高額な授業料を支払い、難しい国家試験に合格しているにもかかわず、中小の学校教員よりも安いんです。

どうですか、全くやり甲斐を感じないではありませんか。

しかも、医療費の高騰を受けて、国は、医療費負担の調整に入りますので、病院薬剤師は真っ先に給料減の対象となるでしょう。

こにょうに、東京の病院薬剤師がこんな状態ですので、地方の現状もわかるというものです。

もはや、病院薬剤師の道はあきらめて、地方の薬局薬剤師の道を選ぶのもありで、地方の薬局では、年収で600万以上も出している所もあるので、ちょっと気持が揺らぎますね!

と、暗い話となりましたが、ちょっと前向きな話。

病院は、人の命にかかわる大事な機関ですので、その命に対峙する当事者の心の負担というものはかなり大きく、そのストレスは相当なものです。

しかし、形だけのチーム医療になっている病院ならば、薬剤師は積極的に治療に係わることが無いので、精神的な負担がまったく無いのです。

勿論、言われたことだけをこなす調剤マシンになることもあるでしょうが、そんなもんだと割り切ることが大事でして、ストレスの無い分、有難い話でもあります。

しかも、将来に転職をする時、病院薬剤師の経験があるということで、有利な転職が出来たりもします。

ただ、仕事に対してのヤリガイは無いです。

ということで、あなたは、

病院薬剤師になりますか?

言葉だけのチーム医療の一員になりますか?

看護師に見下されたいですか?

そこで、管理人からお願いがあります。

どうか、あなたには、それでも病院薬剤師になっていただきたいのです。

そして、薬を使わないで済む治療を、積極的に進めていただき、本来の治療を推進してください。

それは、薬を使わなくても、軽い運動や、食事療法で治せる場合がありますよね!

医師は、何でもかんでも薬を出したがります。

それは、自分への信頼を得たい、又は守りたいがためで、言い訳として患者の要望だからと言います。

ただ、本来そんなに多くの種類の薬は必要無い、ということを良く知っているのが薬剤師です。

もう、太いものには巻かれろ的な、医療はやめませんか!

世の中で、多く存在する、まかり通った嘘!

医療の世界だけはやめませんか,人の直接の命の問題なんですよ!

どうか、あなたが変えてください、特に東京で変えてください。

東京が変われば、その変革は日本中に広まります。

本当のチーム医療を成功させることのできるのは、薬剤師である、あなたしかいないんです。

ということで、最後はお願いになってしまいましたが、今後の病院薬剤師を取り巻く環境は、医療報酬の見直しもあり、さらに厳しいものになってくることは間違いありません。

結局は、あなたの気持ちの持ちようで如何様にもなるというとこなんです。

そこで、まずは転職エージェントに登録して、希望の病院探しをしてください。

そして、薬剤師としての強い信念で、その職を全うしていただきたいと願うものです。

多くの国民の命の問題なんです。

どうぞ宜しくお願いします。

自分には自分に与えられた道がある。天与の尊い道がある。どんな道かは知らないが、他の人には歩めない。自分だけしか歩めない、二度と歩めぬかけがえのないこの道。広いときもある。狭いときもある。のぼりもあれば、くだりもある。坦々としたときもあれば、かきわけかきわけ汗するときもある。この道が果たしてよいのか悪いのか、思案にあまるときもあろう。なぐさめを求めたくなるときもあろう。しかし、所詮はこの道しかないのではないか。あきらめろと言うのではない。いま立っているこの道、いま歩んでいるこの道、とにかくこの道を休まず歩むことである。自分だけしか歩めない大事な道ではないか。自分だけに与えられているかけがえのないこの道ではないか。他人の道に心を奪われ、思案にくれて立ちすくんでいても、道は少しもひらけない。道をひらくためには、まず歩まねばならぬ。心を定め、懸命に歩まねばならぬ。それがたとえ遠い道のように思えても、休まず歩む姿からは必ず新たな道がひらけてくる。深い喜びも生まれてくる。

松下幸之助

当サイトおすすめの、転職サイト比較記事はこちらになります。
↓ ↓ ↓
薬剤師が転職サイトを選ぶときはランキングよりも口コミや評判が正解

総合案内ページはこちらになります。
=>薬剤師転職の為の情報サイト!

SNSでもご購読できます。