薬剤師の転職情報

警告!薬剤師は給料が高いからだけで地方を選んではいけません

130_s

130_s
少し前までは、薬剤師の転職理由の一番に、「人間関係」がありましたが、最近は少し違って来まして、順位は「会社や業界の将来に不安を感じた」、「会社からの評価や給与が上がらない、下がった」「休日数、残業、勤務時間に不満があった」「会社の人間関係に不満を感じた」と続く様になりました。

この事は、薬剤師の将来に不安を感じている証拠ではないでしょうか。

将来、薬剤師の数が増えすぎて、需要が減るのと、医療費高騰を受けて、調薬報奨が減少して給料が減る。

そんな将来における、薬剤師の危機感を感じている結果、給料の高い所に、今のうちから転職しようとする者が増えているのでしょう。

そして、あなたもそんなことで、給料の高い地方での働き場所を考えていたとするなら、少し待って下さい。

まず、地方での生活とはどんなものなのか考えてみてください。

買い物をするにも、近くにスーパーが無かったり、大手量販店もありませんので、車で一時間以上も先まで買い物に出かけなくてはならない場合もあります。

そして、遊ぶところもありませんので、映画を観たくてもかなり遠出をしなくてはなりませんし、オシャレな喫茶店やレストランもありません。

ただ、アマゾンで申し込んだ商品は、間違いなく都会と同じように即日に届けられます。

そして何よりも、地域の方達とのコミュケーションが取りにくいことがあげられます。

地方の方達は、非常に保守的でして、地元以外の人が住まう事に違和感を持ってまして、なかなか打ち解けないのです。

よく、定年退職後に古民家を買って、田舎暮らしをされる方がいますが、殆どの方が、戻ってきています。

原因は、さきほどの地域の方とのコミュニケーションに問題があるからです。

どうですか、それでも年収600万円以上の給料がもらえる地方の薬局に転職しますか?

と、少々脅しのようになってしまいましたが、もしも私が今のあなたと同じ立場にいたとしたなら、わたしは行きます。

色々と地方の悪口を書いて来ましたが、私があなたと同じ年齢で、これから先の大きな夢を持てるのでしたなら、間違いなく行きます。

私は、スーパーが遠くたって苦になりませんし、それほど買い物好きでもありません。

別に遊ぶところがなくても、パソコンがあれば一向に構いません。

私には夢があります。

その夢とは、将来自分の店を出すというものでして、薬局の経営をしたいのです。

失敗さえしなければ、年収で2000万円にはなると言われていて、将来の給料減とは無縁の世界ですし、むしろ低給料で薬剤師を雇う事のできる時代になってることでしょうから、絶対に経営者の方が有利です。

ですから、地方に働きに行くのも、その軍資金を貯めるのが目的であると同時に、経営のノウハウを学びに行っているのです。

そこで、転職するにあたっても、将来独立出来る環境のある所を選ばなければならないし、むしろ、独立に協力的な企業なり店を選ばなければなりません。

地域の方達も、数年後に違う場所で開業することが知れわたっていれば、意外と協力的に接してくれます。

将来、その土地に住まわないことがわかってるんですからね!

そんなことで、役に立ってくれるのが、転職サイトのエージェントなんですが、多くの転職サイトでは、こんな独立のことまで踏み込んで調査されているところはなかなかありません。

ただ、あなたの事を親身になって考えてくれる転職エージェントならありますので、そちらにあなたの考えを打ち明けて、そんなあなたに協力的な転職先を探してもらってください。

もちろん、担当コンサルタントは、あなたに代わって、相手先企業と交渉もしてくれますので、是非活用してみてください。

そんな転職サービスをコチラの記事で紹介していますので、どうか、将来的に不安のある薬剤師ですので、独立の夢を持ってください。
↓ ↓
究極の薬剤師求人サイトはあなたに変わって職場探しをする

あなたのように知識の豊富な方が、中小の学校職員よりも給料が低いのはおかしいのです。

総合案内ページはこちらになります。
=>薬剤師転職の為の情報サイト!

薬剤師特権の転職し放題からの脱却

a1_s

a6_s
ご依存時ですか、薬剤師の平均年収は532万円ということで、外食テェーンのあみやき亭(533万円)やジョリーパスタ(535万円)よりも低いんです。

高い学費の薬学部を卒業し、難しい国家試験に合格したのにです。

しかも将来には、厳しい財政の中、膨大に膨れ上がる社会保障費を受けて、調剤報酬が減らされ、給料も下がると予想されています。

そして、何よりも屈辱的なのが、医師、看護師に見下され、患者には迷惑がられることです。

だからといって、薬局に転職しても、袋詰作業だけの作業に、何時かはロボットに、その職業も奪われるんじゃないかと思うくらいの単純作業に嫌気がさして又、転職。

薬剤師は契約社員のようなものなんで、退職金が出ない分、転職の自由があります。

それを特権のように思い、転職を繰り返すも、給料の低さが物語っているように、その身分と必要度は低く、ああなたが必要なのではなく、ただ薬剤師の免許が必要と言うことを実感する毎日が続くのです。

このような考えや悩みをお抱えのあなたには、いっその事、職業替えを考えては如何でしょう。

私からの提案ですが、こんなのはどうですか。

それは、薬のエキスパートであるあなたにおすすめなのが、女性限定ですが助産師です。

助産師のすすめ

a1_s

助産師は看護師の上位資格ということもあり、看護師に見下されることもありませんし、薬剤師の免許も持っているのですから、ますます優位な立場にいられます。

そして給料ですが、助産師は、看護師より月にして10万円程高いと言われてますので、現在のあなたの給料以上になります。

その助産師になるには、大学、短大、専門と色々なコースがありますが、まず看護師の資格が必要なので、あなたにおすすめなコースは、大学4年間の中で看護師の資格を取るのと同時に、助産コースを選択して(選抜制5~10名程度)助産師の資格を取得するという選択です。

なぜなら、こちらの大学は皆、偏差値が薬学部より低いので、あなただったら簡単に入れますし、看護師、助産師と一度に取ることが出来、専門校出より格が上なので、就職のときに違いがでます。

特記すべきは、助産師は処方権が認められつつあり、 2006年に制度が変更された折に、連携している医師と包括的指示書を交わしておくと、 助産院も緊急時(助産師が医療行為が必要だと判断した時)に 助産師の判断で薬を使うことができるようになったというところです。

どうですか、あなたの専門分野でしょ。

薬剤(ある程度限定されている)による治療が開始できるんですよ。

ということで、大学についてはコチラで調べてください。

リクナビ進学

わかりにくい所にありますので、ちょっと説明します。

トップページから順に、仕事・資格医療・看護・歯科・薬助産師と入っていきます。

ここで、助産師を目指せる「大学・短大を探す」をクリックで、60件のヒットがあります。

大学4年間は、近所の薬局でアルバイトしながら自宅から通うのが、経費削減ですよね!

しかも、薬剤師の時給は良いので、学費ぐらいは余裕で稼げますし、生活もそんなに困らないで済みます。

どうでしょう、こんな進路もあるんだと言うことで、チョットお知らせさせていただきました。

総合案内ページはこちらになります。
=>薬剤師転職の為の情報サイト!

薬剤師が損をしない転職先はドラッグストア?調剤薬局?病院?

lsh0011-032

lsh0011-032
2020年には、薬剤師の3割は失業すると言われていまして、これは大学の薬学部が増えていることと、登録販売者制度が出来たことが原因とされていますが、本当でしょうか?

単純に薬学部が増えたからと言って薬剤師が増えるかといいますと、そうではなく国家試験に受からない薬剤師浪人が増えるだけなんです。

結局、薬学部もだんだん定員割れにより、廃部になっていくわけです。

それから、登録販売員ですが、これは様々な業態で、2類、3類の薬品が販売される事になった為に出来た制度で、薬剤師本来の仕事とは違う分野ですね。

やはり、薬剤師といえば調剤がメインであり、各薬品の症例も多く熟知している、国家資格を持った専門職なんです。

ただ、最近の傾向として薬剤師は、コミュニティー能力も必要とされているようですので、専門外の勉強も必要になっているようです。

そんな薬剤師ですが、今後、損をしない転職先はドラッグストアか、調剤薬局か、病院かということで順番に紹介します。

病院薬剤師

まず病院薬剤師ですが、医薬分業によって、病院勤務の薬剤師の役割は大きく変わり、病棟にいる患者さんに対しての、薬学的な観点でのケアをするようになりました。

そこで、病院薬剤師の主な仕事内容は、入院患者向けの「内服薬」と「注射薬」の調剤という2つに別れてましたが、これからは、患者さんに対してこれから飲む薬の服用法や副作用について説明する「服薬指導」も大事な業務の一つになります。

最近では、「チーム医療」の推進ということで、薬剤師もその一員としての役割を担っています。ただ全ての医療機関でこの「チーム医療」うまく機能しているかといいますと、まだまだそうでないのが現実にあります。これは「チーム医療」に慣れていない医師や看護師が多くいることに原因があります。

それでも多くの病院では、形なりにも「チーム医療」が勧められてまして、薬剤師は医師や看護師に薬についての情報を提供する医薬品情報活動も行われてますので、取り扱う医薬品も多く、より一層の専門的な知識が求められるようになり、その仕事内容はより複雑化、高度化しています。

そんな需要を受けて出てきたのが、「専門薬剤師」という資格でして、いわゆる薬のエキスパート的存在ということです。それは、専門領域の医学や医療の知識、薬物治療の高度な知識と技能を持っている薬剤師ということでして、医療の前線での活躍という事になりますので、心身共に負担が大きい事は覚悟して望んでください。

このように、チーム医療制度により業務が増える一方で、その地位と役割は低く、診療報酬の削減が進むと見られる将来では、真っ先に減給になる可能性のあるのが、今後の病院薬剤師です。

それでも病院薬剤師は人気があり、理由として医療に携わる一人としての自覚の現れで、どんなに大変な現場での仕事でも常にキャリアを積んで、患者の為に尽くす奉仕の精神によるものです。

結果として、病院薬剤師は損得を度外視して、奉仕の精神で取り組む場であるのです。

調剤薬局

調剤薬局の主な仕事内容としは、病院やクリニックを受診した際に渡される処方箋に従い医薬品を調剤し、患者さんにその薬についての分かりやすい説明をすることです。

この中で、「鑑査」と呼ばれる、処方箋に不備がないか確認することや、「服薬指導」と呼ばれる、薬の保存方法や用法について説明することは、調剤薬局の重要な役割となります。

又、管理薬剤師となると、レセプトの集計や医薬品の在庫管理などを把握する業務もこなさなくてはなりません。この管理薬剤師に関しては、何の資格も必要としませんので、会社側の判断でその職が与えられます。

薬剤師の就職先で最も多い調剤薬局ですが、門内薬局が認められ、平成28年度の診療報酬改定では、特定の病院からの処方箋が集中しがちな門内薬局の調剤報酬を低く設定することもきまりました。

このことは、今までの門外薬局の失敗を意味する制度改革でして、今後の門外薬局は門内への異動を余儀なくされることでしょう。

そんな調剤薬局ですが、病院勤務に比べて休暇が取りやすく給与も高めですので、いわゆるワークバランスの点で優れています

そのため結婚や出産で一時医療現場から離れた女性薬剤師が多く活躍していますし、将来、自分の薬局を開店させたいと考えている方にとっては、絶好の勉強場所でも有ります。

ドラッグストア

調剤施設の無いドラッグストアでは、レジ打ち、品出し、レジ打ち、納品、レジ打ち、発注、レジ打ち、 ということで、レジ打ちが主業務になっている所もおおくあります。

しかも残業は多く、22時までの勤務は当たり前だったりしますので、その分、給料もいいわけです。

では調剤施設併設のドラッグストアは、といいますと、コチラは調剤業務が主な仕事になりますので、レジ打ちなどの仕事は基本ありません。

しかも、「かかりつけ薬局制度」に於ける調剤報酬を診療報酬改定で積み増したので、給料面でもその恩恵を受け、何処よりも高給になっています。

結果として、患者側側からしてみれば、一番身近な専門家ということもあり、専門の薬品以外に健康食品などの知識も必要となりますが、今後最も頼りにされる存在になることでしょう。

その他

公立の病院薬剤師は公務委員になりますので、生涯賃金も良く、残業もそれほどありません。

ただ、募集件数が少ないことと、若い時の給料が少ないのが欠点です。

製薬会社は、最も狭き門でして、相当の学力が無いと入れませんし、多くは大学院からの就職先になっています。

まとめ

結局、薬剤師が損をしない転職先は、調剤施設併設ドラッグストアということになりますが、残業は覚悟しておいてください。

何しろ、「かかりつけ薬局制度」により、24時間体制にということになりますし、政府によって推進されていくセルフメディケーションにおいても、最も大事な位置にいるのですから。

そして、何よりもドラッグストアが良いのは、転勤がないことがあげられます。

自宅の近くの店に勤務希望を出して、そこでの採用が決まれば、転勤の希望を出さないかぎり、異動はないのです。

一時間以上の通勤経験のある方でしたらお解りでしょうが、通勤だけでストレスになりますし、疲労にもなります。

それが無いと言うのはどんなにありがたいことか、是非実感してださい。

私ごとですが、今現在、自転車で通える所に勤務してますが、本当に心身共に楽です。

つい2年ほど前まで、1時間半もかけて満員電車で通勤してたのがウソのように気分が楽になっていますし、自分の時間も多く取れて、本当に良かったと感謝しています。

これも転職エージェントのおかげです。

そんな当サイトおすすめの、転職サイト比較記事がこちらになります。
↓ ↓ ↓
薬剤師が転職サイトを選ぶときはランキングよりも口コミや評判が正解

総合案内ページはこちらになります。
=>薬剤師転職の為の情報サイト!

薬剤師の転職サイト選びで失敗しない方法!ランキングや比較よりもコレ!

ab_s

20180206-152021

薬剤師のあなたが転職を考えた時、最も必要とされる求人情報収集法は、やはり薬剤師専用の転職・求人サイトに登録することです。
その転職・求人サイト選びで失敗しない方法は、ランキングや比較で決めるのではなく、口コミなどで評判の悪い転職サイトを選ばない事です。

ほとんどの方は、薬剤師専用の転職・求人サイトを、それぞれ比較して選ばれているかと思います。

その比較基準が、求人数だったり、求人内容だったりと、わりと求人先だけに目がいってしまいがちですが、実は転職・求人サイトの経営姿勢のほうが大事なんです。

それは、どれだけあなたのために、親身になって転職先を探してくれるかだったり、どれだけ求人先についての情報を持っているかです。

そのところの判断を怠って、転職・求人サイトを選ばれた結果、以下のような口コミや評判にあるような事に直面するのです。

2015/03/10(火) 09:27:58.80
〇〇と〇〇〇〇の女性カウンセラーは最悪だった
口のきき方も知らない。

2015/03/25(水)
〇〇〇〇薬剤師はウザすぎる。登録した瞬間携帯に電話かかってきやがった。
そのあとも担当変わりまくりで、現在の転職状況はどうですか?って
留守電入れまくり。死ねばいいのに。
SMSで送ってきたアホまでいたから英語で返信してやったわ。

2016/01/22(金)
〇〇〇〇薬剤師必死すぎてうざい
なお、解約できない模様

2016/02/11(木)
〇〇〇〇薬剤師にある案件について問い合わせたら、色々聞かれて「そのような条件ですと遠方になりますが・・・」と言われた。
自分が問い合わせた案件は通勤便利な近場。こっちが知りたいのは問い合わせした案件だけ。
時間の無駄だった。

2016/02/13(土)
〇〇〇〇なんて意識高い系の奴らで相当見下してるんだよ。
教育バッチリ、残業ほぼありません〇〇〇〇勧められて入ってみたら真逆とかザラ。
内情知ってて平気で紹介する守銭奴

2016/04/19(火) 12:16:07.96 .net
〇〇〇〇はカラ求人載せてるから信用ならない。

これらは皆、どの薬剤師の為の転職サイトランキングでも、上位に紹介されている大手転職サイトの口コミや評判です。

勿論、その転職サイトのエージェント全員に問題があるわけでは無いですが、こうなる社風に問題があるわけで、余りにもきついノルマが課せられていることが解ります。

それはそうですよね、あなたがよく目や耳にする会社ばかりですから、広告宣伝料が莫大な額であることはお察しの通りですね。

結局、一人のエージェントで、多くの顧客を担当することとなり、密なサービスが行き届かなくなる事が原因なのです。

では、どういった薬剤師の為の転職サイトがいいのかといいますと、

  1. 口コミ等で評判の悪い書き込みが無い
    • 逆に口コミ等に書かれているようなことのないように社内で取り組んでいる
  2. 転職希望者に親身になって対応
    • あなたの希望条件をクリア出来るように、入職を急がすこともせず、全力でサポートする
  3. 独自性
    • 独自の情報収集力を使って、他社には無い情報までも入手出来る

ということになります。

そして、それらをすべて満たした、薬剤師の為の転職サイトがこちらになります。
↓ ↓ ↓
業界トップクラス!薬剤師転職サイト「薬剤師転職ドットコム」無料会員登録

「薬剤師転職ドットコム」は、口コミで書かれているようなことを、逆に排除するするように、会社の方針として取り組んでいます。

ですから「薬剤師転職ドットコム」は、悪い評判やら口コミが聞かれないばかりか、既に10,000人を超える薬剤師転職のサポートをし、利用者から喜びの声が多数みられる業界最優良の転職・求人サイトなのです。

薬剤師の年収

「薬剤師転職ドットコム」は、年収アップを前面に押し出して、取り組んでいますが、一般的な薬剤師の年収について紹介します。

厚生労働省の「年賃金構造基本統計調査」では、薬剤師の平均年収は533万円と公表されていますが、仕事先でも少し違ってきます。

  1. 【製薬会社】・・・400〜800万円
  2. 【ドラッグストア】・・・400〜700万円
  3. 【調剤薬局】・・・400〜650万円
  4. 【病院薬剤師】・・・400〜650万円

上の数字は、業種による年収の違いを表していますが、最高賃金額に違いがあるものの、国家資格を持つ専門職ということもあって、一般のサラリーマンよりも高給です。

地域による違いは、首都圏よりも地方で働くほうが年収が高めになってまして、厚生労働省の薬剤師都道府県別データでも、東京の平均年収478万円より101万円も高収入なのが静岡県で平均年収579万円です。

それでは、給料UPを狙うのに首都圏以外しか無いのかといいますと、そんなことはなくて、首都圏だって、例えばドラッグストアの管理薬剤師ならば、かなりの高給を期待できますし、病院薬剤師にしてみても、中小の病院なら大学病院よりも高給になっています。

とにかく、高給で求人募集をしているところは、地方に限らず首都圏にだって存在するのです。

このような勤め先の給料については、薬剤師転職・求人サイトが最も多くの資料を持ってますので、利用しない手はありませんよね。

又、当サイト推薦の薬剤師転職・求人サイト「薬剤師転職ドットコム」は、希望就職先に給料の交渉もしますので、より一層の給料UPになるのです。

薬剤師のお得な転職時期

薬剤師の転職でお得な時期というのは、ボーナス月の1~2ヶ月前というのは、よく言われることでして、それは、ボーナスをもらってからの退職が多いからなんです。

特に10月頃からは、パート薬剤師の税金対策による時間調整が出てきますし、冬に向けて風邪が流行って来ますので、どうしても薬剤師不足になり、求人の数が増える時期になるからです。

では、10月頃から転職活動をすればいいのかといいますと、そうではなく、転職を思いたった時が、実はお得な転職時期と言えるのです。

何しろ一年中、薬剤師の求人はあるわけでして、繁盛期より早くに優秀な薬剤師を確保したいと思っている企業は多く存在しますので、時期を気にしないで、早めの対策が良い結果に結びつくということです。

そして、薬剤師転職・求人サイトでは、企業側のそんな要求を満たすべく、薬剤師の選別をしているともいえるので、早くに登録して会員になっていたほうが、断然有利といえますね!

結局、年中お得な転職時期ともいえるのが、今現在の薬剤師転職状況なのです。

調剤薬局と病院薬局の人気度

薬剤師の就職先で最も多いのは調剤薬局ですが、それがそのまま人気度を表すわけではなく、実は病院薬剤師になれなかったからと言う人が、結構いるのが現実なんです。

やはり未だに病院薬剤師は人気があり、特に大学病院に人気が集まっている傾向があります。

それは、医療業務に携わっているという自覚の現れで、薬剤師自身、医療の最先端でのキャリアアップを望むことが、必然的に人気が高まる事に繋がっています。

ただし希望したからといって、誰でも受け入れてもらえるわけも無く、結局、求人需要が多く入職しやすい調剤薬局に、多くの薬剤師が働いているのが、現状です。

又、調剤薬局はワークバランスの点で優れているので、結婚や出産で一時医療現場から離れた女性薬剤師にとって、非常に働きやすいところとなっていますので、該当の女性薬剤師の方々の人気の職場となっています。

このように、人それぞれに希望条件が違いますので、その職場の仕事内容にまで踏み込んで調べることは、転職においては大事なことなのです。

ですから、薬剤師転職・求人サイトも、職場の詳しい仕事内容や、職場の雰囲気にまで踏み込んで調べている所を選ぶ必要があるのです。

そして、そんなあなたの最も知りたがっている情報を持っている転職・求人サイトが、先ほども紹介した「薬剤師転職ドットコム」になります。

薬局に転職するなら在宅療養支援認定薬剤師の資格を!

現在の急激な高齢化に伴って「在宅療養支援診療所」が設けられましたが、実は、なかなかうまく機能していません。

もしもあなたが薬局に転職したいと思っているのでしたら是非、在宅療養を行っている薬局を選んでいただけたらと思います。

それが、老人の孤独死を減らす事に繋がるからです。

そこで、薬局に転職したいあなたにお願いしたいのは、今のうちから在宅療養支援認定薬剤師の資格を取っておいてくださいということです。

これは、私からのお願いであり、多くの一人暮らしの老人の声でもあります。

資格については、日本在宅薬学会のサイトに有ります。

ドラッグストアへの転職は研修制度のある所を

これからのドラッグストアは、「健康食品の機能表示」義務化により、それらの知識も必要になります。

又、大手のドラッグストアでは、調剤薬局併設の所がどんどん出てきていますので、「リフィル処方箋」の制度により認定薬剤師や、専門薬剤師などの資格も必要になるかと思います。

このように、ドラッグストアでの勤務もだんだん激務化してきますので、ただ単に給料が高いからという理由だけで選ばないでください。

選ぶなら、スキル向上のための研修制度が充実しているところをお勧めします。

そして何よりも、ドラッグストアではコミュニケーション能力も必要なスキルであることを忘れないでください。

おすすめNo2薬剤師転職・求人サイト

今の薬剤師は、どの職場に転職されても、それなりに新しい勉強をしなければならない状況にありますし、ますます業務内容も複雑化してきます。

そこで、薬剤師の就職状況が売り手市場である今はまず、年収UPを念頭に置きながら、希望の職場を探してみてください。

でないと、忙しい割には給料が安いと、ぼやく結果となります。

そんなあなたのために、当サイト推薦の転職・求人サイト「薬剤師転職ドットコム」を紹介しましたが、もう一つ推薦したい転職・求人サイトがあります。

それが、「ジョブデポ薬剤師」というサイトでして、メディアに広告を出さず、口コミだけで多くの会員を集めている薬剤師専門の転職・求人サイトです。

多くの求人情報を知りたいという方は、2サイト同時に会員となる事をおすすめします

その際に心配になるのが、退会は簡単に出来るの?ですよね。

それは、この2サイトでしたら、まったく問題なく簡単スピーディーな処理でおこなえますので、安心して会員登録することが出来ます。

詳しくはコチラの記事に書いておきましたので、心配な方は、ご一読ください。
詳細=>薬剤師求人サイトの退会方法と登録削除法

では、「薬剤師転職ドットコム」と「ジョブデポ薬剤師」について簡単に紹介します。

薬剤師転職ドットコム

転職満足度 95.8%!

東証一部上場グループ メディウェルの薬剤師転職サイトです。

≪サービスの特徴≫

  1. 一人一人の「納得」を1番の判断基準にしています。
  2. 独自のネットワークがあります。
  3. 求人票だけでは分からない現場の雰囲気・人間関係・募集の背景・休暇取得状況忙しさなど、あなたが『本当に知りたい情報』を知ることが出来る。

詳しくはコチラにあります↓ ↓ ↓
薬剤師の求人で最強サイトは@薬剤師転職ドットコム

button_001

ジョブデポ薬剤師

8万件以上の求人件数を誇る、日本最大級の薬剤師専門の転職支援サービスです。

≪サービスの特徴≫

  1. 希望条件を専任のコンサルタントに伝えるだけで、スピーディーにお仕事をご紹介します。
  2. ご入職が決まると、最大60万円のお祝い金をプレゼントされます。
  3. 給与や勤務時間など直接聞きにくいことはすべてジョブデポが交渉します。

button_001

追記。

まだ転職サイトに登録をしてない方へ

今すぐ登録しておいたほうが良いです。

といって、あなたが今「めんどくさ…」と腰が重くなっているのはわかります。

でも、年齢が上がれば上がるほど、転職は不利になるという事を、あなたも十分承知してますよね。

これからの人生の中で、今日があなたにとって一番若い日なのですから、本気で転職したい、理想の職場を探しいたいと思うなら、今すぐ登録することです。

ぶっちゃけ、理想の職場が見つかるなんて運です。

ただし、行動しない人には、いつまでたっても「ここだ!」という職場を見つけることは出来ません。

今すぐ動き出しましょう。

迷っている人に幸せは訪れません。

自ら将来の夢に向かって行動した人だけが、幸せな生活を手にすることが出来るのです。

登録なんて3分で出来ますので、まずは登録してコンサルタントに相談してみて下さい。

たった3分のアクションで、あなたの人生が素晴らしい物に変わりますよ。

無料登録はコチラです↓

業界トップクラス!薬剤師転職サイト「薬剤師転職ドットコム」無料会員登録

 

20190201-131045

薬剤師転職の為の情報サイト!

人間同士だって肌が合わない人がいるように、仕事だって自分の居場所が確認できない事もある!そんな時、薬剤師のあなたにおすすめなのが、新天地で自分探しの転職です。..

薬剤師50歳代のおすすめ求人先では意外な所もある

ac_s

ac_s
50歳代の薬剤師が転職を考える時もあるもので、こんな年齢でも使ってくれるところがあるんだろうか?

などと悩んだりもします。

でも安心してください、経験豊富だからこそ、必要としている会社も現実に存在するのです。

しかも、こんなところもあったのかという、意外な、おすすめの求人先を紹介します。

薬剤師の意外な求人先

50歳代で転職を考えるということは、スキルアップの為と言うより、

  • 休みをもっと増やしたい(土日休みたい)
  • 習い事をしたいので、●曜日に休めるところに転職したい
  • 通勤時間のもっと短いところへ行きたい

などではないでしょうか。

若い薬剤師でしたら、スキルアップを第一に考えるでしょうが、50歳代ともなると安定を求めますので、先の例のようになります。

しかし、これらの条件以外でもいいので、50歳代でも転職先があるなら紹介して欲しいと言うあなたに、意外な求人先があります。

それは、最近、ネット販売が1類まで解禁した為に、ケンコーコムなどのネット販売業者が薬剤師を募集しているんです。

なぜなら、お客様相談窓口に必要だからです。

ただし、土日休みたい!という要望がなかなか通らないんで、若い薬剤師には不人気なんです。

どうでしょう、人間関係の複雑さもありませんし、処方もいりませんので、それほど神経も使わず、気分的にも楽だと思いますよ。

次におすすめの求人先をご紹介します。

50歳代におすすめの求人先

最近は診療報酬改定により、病院での薬剤師の必要性が大きくなり募集も多くなっていますが、その中で若者に人気のない分野の病院が、50歳代におすすめの求人先になります。

どうゆうことかといいますと、若い薬剤師はスキルアップの為に急性期の病院を探しますので、人気のない療養型の病院おすすめということなんです。

療養型病院では、入院患者は主に老人でして、薬の処方も変わることもないので、それほど神経を使わないでも済むのです。

しかも、近所の療養型病院に勤務する事ができたら最高ですよね!

でも募集があるのか良くわからないですので、そこは転職サービスの出番とゆうことになります。

しかも、実際に求人があるのかどうかを調べるんじゃなくて、あなたの近所の病院に直接交渉に行ってくれる転職サービスがあったら願ったり叶ったりですよね!

ということで、まずは転職エージェントに登録して、担当のコンサルタントに一度相談されてみては如何でしょう、もちろんあなたの個人情報はちゃんと守られていますので、安心して登録できます。

当サイトおすすめの、転職サイト比較記事はこちらになります。
↓ ↓ ↓
薬剤師が転職サイトを選ぶときはランキングよりも口コミや評判が正解

総合案内ページはこちらになります。
=>薬剤師転職の為の情報サイト!

薬剤師のお得な転職時期は何時?

201614

dog0121-023
薬剤師の転職時期で最もお得なのは何時なのか?

より給料の高い職場がある時期!

より多くの病院薬剤師の募集がある時期!

より多くの薬品大手企業の募集がある時期!

役所関係で公務員としての薬剤師の募集がある時期!

とまあ、人それぞれにお得な意味が違うかもしれませんが、どれも共通して言えることは、早めに転職エージェントに登録しておき、自分の希望の職場を担当コンサルタントに伝えておくことです。

どうゆうことかと言いますと、例えば企業などで一番応募の集まるのは、ボーナス月の1~2ヶ月前というところです。

理由は簡単ですよね、ボーナスをもらってから退職する人が多いからです。

では、1月か9月の転職が最もお得ということかと言いますと、まさしくそうなんです。

その時期の募集が最も多いのです。

ということは、あなたは、遅くとも一ヶ月前に退職希望を会社に提出することになりますが、その退職月もボーナス月になることでしょう。

ですから、もうお解りでしょうけど、早めに転職サイトに登録しておき、誰よりも早く最良の転職情報を手に入れることが必要になってきます。

それが、お得な転職時期に転職できる最良のコツとなりますが、実はもう多くの方が其のことを踏まえて、既に転職サイトに登録されています。

じゃあお得な時期なんて無いじゃないか!!!と思いますが、ここで考え方を少し変えるだけで、超お得になります。

それは、多くの転職サイトから、あなたに合った、しかも最強の転職サイト選びをすることです。

そして、いますぐにも無料会員登録されることをおすすめします。

あなたに合ったと言うのは、パート薬剤師をしたいのに、その情報の少ない転職サイトに登録しても、決してお得では無いですよね!

では多くの転職サイトに登録すれば良いのかといいますと、もちろん多くの情報を得るのには良いかもしれませんが、電話やメールのやり取り等で、とんでもなく煩わしくも有りますので、とても現実的ではありません。

そこで、当サイト一押しの転職サイトを御紹介します。

ただし、パート薬剤師、派遣薬剤師以外の希望者に限ります。
↓ ↓ ↓
薬剤師が転職サイトを選ぶときはランキングよりも口コミや評判が正解

総合案内ページはこちらになります。
=>薬剤師転職の為の情報サイト!

薬剤師転職での失敗はこれを知らなかったから!

f30

f30
薬剤師の転職で失敗した方は、これを知らなかったがが為に又、辛い思いを繰り返す結果になったのです。

ということで、その「これら」について紹介するとともに、その解決法をも併せてお知らせします。

これを知らないとあなたは又失敗をする

転職に失敗したと感じている方は、ストレスを感じたともいえます。

このサイトでは、そんな職場ストレスについて多く語っています。

ストレスとは

そして、その最終的な解決策に、当サイトは、転職をすすめています。

薬剤師の過度の職場ストレスには転職が一番

ただ、転職しても、同様のストレスを感じたのでは本末転倒でして、そうならないような手立てが必要となります。

では、その最善の策をお話しましょう。

それは、転職エージェントのコンサルタントに、転職希望先の人間関係について聞いてみることです。

職場ストレスの最大の要因は人間関係であると言われていますので、その辺の事は、最も大事な部分です。

転職エージェントのコンサルタントは、直に職場に出向いて、その職場環境を把握していますので、ただの求人サイトでは知り得ない情報をたくさん持っています。

これを怠るということは、あなたは、精神的にも、時間的にも大きな損をしたことになります。

そして又、薬剤師転職での失敗を繰り返すことになるかもしれません。

ですから、特にそのへんの事は念入りに聞くことに心がけてください。

これが、薬剤師転職で失敗しない為の一番大事な部分です。

次に仕事内容についてです。

病院薬剤師ならば、チーム医療の一員としての役割分担が出来ているか?

調剤薬局ならば、患者とのコミュニケーションを大切にしているところなのか?

ドラッグストアならば、レジ打ちやら品出しが主な仕事になっていないか?

などの、最近、悩みの話題となっているこれらについて、聞いいただきたいのです。

ただそれには、その事に正確に答えられる転職エージェントを選ばないといけません。

転職エージェントはどこでも同じでは無く、それぞれに特徴があります。

それは、やたらと求人数が多い所や、ドラッグストアに強いところ、または病院関係や調剤薬局に強いところなどです。

いずれにしても、一番に選ぶべき転職エージェントは、その企業の情報をどこよりも深く知りえている所、ということになります。

そこで、当サイトおすすめの転職エージェントを紹介した記事が、こちらになります。
↓ ↓ ↓
薬剤師が転職サイトを選ぶときはランキングよりも口コミや評判が正解

そして、当サイトにたどり着いたあなたには、どうか、失敗のない転職をされることを願います。

総合案内ページはこちらになります。
=>薬剤師転職の為の情報サイト!

薬剤師の過度の職場ストレスには転職が一番

f28

f28
あなたは、職場でのストレスを癒やす為にどのような取り組みをしていますか?

当サイトでは、その方法に転職が一番効果があると紹介しています。

 

ストレスから転職で脱却

現代社会は高度成長期も終わり、企業と生活とが混在した終身雇用制度が崩壊し、会社は利益追求の為に雇用を調整する時代になりました。

会社の収益が低下することは、その会社にとってはストレスですね!そうなるとまず、リストラが始まり、一般社員に限らず、報酬の高い役員も同等にリストラの候補に挙がります。

今現在、完全な形で、終身雇用制度が残っているところは、役所関係だけです。

そんな現在の仕事環境で働く皆さんは、ストレスを抱えたまま、その会社で働く必要は無いのです。

貴方が、その仕事場でストレスを感じたならば、その会社をリストラすればいいのです。

そうです、考え方次第で容易に転職に踏み切る決心が出来るわけです。

貴方が希望する条件に会う職場に再就職が決まると言う事は、貴方にとっての好転であり、生きがいのある人生を過ごす事に繋がるのです。

このような考え方は、私達日本人には少し違和感を覚えるかもしれません。

しかし、今や、グローバル化の時代で、外国人労働者も多数みられる状況の中、いまだ抜けきれない企業共同体意識は、もう捨ててください。

そこで、当サイトは、皆さんの意識の改革を促し、転職することで、これからの人生を、生きがいのあるものにしていただけたらとの思いで作られています。

それは、私も転職で立ち直れたからです。

だから強くお勧めしているのです。

「転職したら給料が減る!」「転職したら、今より条件の悪いところに格下げになる!」などは昔の話です。

今や、何度も言いますが、終身雇用制度の中であなたは働いてはいないので、給料だって年功賃金じゃありません。

ですからあなたが、ご自身の給料を上げたかったならば、今現在の人手不足次期においては、もはや転職が最も近道なんです。

振り返って、今現在の就職状況は、戦前の日本とよく似ています。

当時の日本は、今のようなネット社会ではなかったので、転職情報の収集は夜の街だったようですが、今ならネットの世界で簡単に、希望条件を満たす転職先を見つけることが出来ますね。

しかも、あなたに代わって、転職先を無料で探してもらえたりもしますので、あなたの時間を有効に使う事だって出来るんです。

こんな、便利な機能を使わない手はありませんよね!

ということで、当サイトおすすめの転職エージェントを紹介した記事を紹介します。
↓ ↓ ↓
薬剤師が転職サイトを選ぶときはランキングよりも口コミや評判が正解

当サイトにお越しいただいたあなたには、ストレスのない転職先が見つかることをお祈りします。

総合案内ページはこちらになります。
=>薬剤師転職の為の情報サイト!

学校薬剤師の募集をしている学校は何処?についてのまとめ!

f27

f27
薬剤師をしていて、子ども好きなあなたは、

近くの学校で、学校薬剤師の募集をしているところがないか、

ちょっと、探してみたくなりますよね!

 

そんなあなたに、

とっておきの情報をお伝えします。

 

ところで、あなたは、学校薬剤師になる資格はお持ちですか?

 

学校薬剤師になるための資格

f27

学校薬剤師は、薬剤師の免許があれば、

誰でも出来るわけではありません。

 

最低限、以下をクリアーしなければなりません。

 

それは、市町村の薬剤師会の正会員である事です。

 

その正会員になれるのは、薬局の開設者又は管理薬剤師や薬局長、

各店舗1名と決まっています。

 

ただし、あなたが管理薬剤師だったとしても、

薬局の開設者に学校薬剤師を引き受けるか否かの決定権があります。

 

しかも以上のことをクリア出来ても、

地域の教育委員会は、

学校薬剤師会に推薦された人を、

学校薬剤師として任命します。

 

非常勤勤務の仕事と言えないほどのハードルの高さですね!

まあ、子供の命を預かっていると言っても過言でないのが、

学校薬剤師という仕事です。

 

裏ワザ

以上のことは、実は公立の学校に関することでして、

私立の学校では独自に学校薬剤師を募集してます。

 

では、その情報は何処で手に入れればいいのでしょう?

 

答えは、転職サイトのコンサルタントに聞くと、

学校薬剤師を募集している学校が分かります。

 

ということで、当サイトお勧めの転職サイトを御紹介します。

薬剤師転職サイト決定版!

 

又、学校薬剤師について、

その業務や報酬について書いた記事もありますので、

こちらもご覧ください。

学校薬剤師の収入と業務について解説!

薬剤師 の求人でのぞみ薬局・やすらぎ薬局の特徴

f26

593c_s
薬剤師の求人で、のぞみ薬局・やすらぎ薬局について、その仕事内容を知りたいとのこという書き込みをめにしましたので、今回は、この店の特徴と、気になる給与についてお知らせします。

のぞみ薬局の特徴

のぞみ薬局・やすらぎ薬局は福井県福井市に本社があり、関西エリアで店舗展開している薬局チェーンです。

こちらの薬局のもっとも大きな特徴は、スキルアップとともに、キャリアアップも図れる環境にあることです。

それは、会社側が意識して取り組んでいるところでして、昨今、求められている薬剤師の役割を十分に会社側が理解しているのです。

第2次安倍内閣が制定した「日本再興戦略」において、医療政策は「平均余命延伸策」から「健康寿命延伸策」へ大きく変化しました。

このことにより、薬剤師はは医療、薬物療法の専門的な知識から日常生活指導まで、幅広い知識が求められてきています。

ですので、スキルアップのための環境がないと、今後の薬局運営におおきな支障があるからです。

そんなこともあり、のぞみ薬局・やすらぎ薬局グループでは、在宅医療をすでに取り入れています。

又、こちらの薬局は、土日休みが可能な週休二日制でして、なんと、年間休日も120日もあるそうなので、十分、勉強する時間もありますね!

また、卸・MRから新薬の情報を積極的に提供してもらっているので、いつでも、最新の情報を手にすることが出来ます。

そして気になる給料ですが、年収420~600万円だそうで、かなり幅がありますが、休みが多くてこの年収、420万円以上は魅力的だと思います。

前にも書きましたが、キャリアアップも図れる環境にあるとは、新店舗出展計画がどんどん進んでいるので、それらの店舗に店長候補として配属されることがあるということです。

のぞみ薬局・やすらぎ薬局は車通勤も出来、薬剤師のことをよく理解している会社だということです。

もっと詳しいことを知りたい方は、こちらの記事にある薬剤師転職エージェントに無料登録をして、資料だけでも取り寄せるのがよろしいかと思います。
↓ ↓ ↓
薬剤師が転職サイトを選ぶときはランキングよりも口コミや評判が正解

総合案内ページはこちらになります。
=>薬剤師転職の為の情報サイト!