調剤薬局での仕事はキツイですか?まとめてみた!

調剤薬局は、薬剤師の就職先として最も多くの薬剤師の方が入職してますが、果たして人気があるからその仕事場を選んだわけでない方も多くいます。

それは、病院薬剤師を目指していたが、なかなか雇い入れてもらえない現状、滑り止め的なところということで、調剤薬局を選ばれたかたも存在します。

そんな、様々な状況から調剤薬局を選ばれたとして、気になるのが、その仕事内容ではないでしょうか!
128714
給料は高いという噂だけど、それだけ仕事がキツイんじゃないの?とついつい心配になりますよね!

そこで、当サイトで調剤薬局の仕事内容を、まとめてみましたので、どうぞご参考になさってください。

調剤薬局の仕事

Print
調剤薬局の主な仕事内容は、患者が病気等で病院やクリニックを受診し、そこで渡された処方箋に従い医薬品を調剤することと、患者さんにその薬についての分かりやすい説明をすることです。

その説明の際に、「鑑査」と呼ばれる、処方箋に不備がないか確認することや、「服薬指導」と呼ばれる、薬の保存方法や用法について説明することは、調剤薬局の重要な役割となっています。

又、会社側から任命された管理薬剤師になると、レセプトの集計や医薬品の在庫管理などを把握する業務もこなさなくてはなりません。

以上のような仕事内容ですが、よく問題となるのが職場環境でして、職場の狭さ(人間関係を含む)により、職場ストレスを発祥される方がいます。

ですので、ご自身をまず見つめていただき、あなたはどんな環境でも、自分を見失うことのない人間であるのかを、今一度確認していただきたいのです。

その辺のところがクリアできれば、それほどキツイ職場ではありません

あなたのライフワークを満喫するのには、もってこいのところでして、特に家庭をお持ちの方に人気があり、安定した職業であることは間違いありません。

調剤薬剤師の悩み

128721
調剤薬剤師の仕事として、過剰投薬や漫然投与に対しては意義申し立ての義務があります。

しかし、現状では見て見ぬふりのことがほとんどですね。

例えば、患者が希望しているからと、デパスなどの向精神薬の過剰投与や、骨密度の低下(骨粗鬆症予備軍)などへの漫然投与。

実際は、食事療法や適度な運動でかなりで改善される可能性があるにもかかわらず、医師の処方による薬の漫然投与に、何の意義申したてもなく、そのまま調合してしまう現実があります。

まあ、あげればきりがないほどの状況ですが、患者側からすれば、薬に多くの信頼を寄せているので、それだけに異常なほど頼ってしまう傾向にあるのです。

ですから、良かれと思って、薬を減らして食事療法や運動療法を進めたりしても、かえって不信感を抱かれることになるのです。

それならば、医師に直接問合せても「患者の意思だ」といわれるのが関の山でして、たしかに患者側は、医師に対して良い薬を出してくれることを願っているのですから、確かに正しい解答なのでしょう。

しかも、薬局の経営者からも、処方箋が来なくなることを第一に心配するあまり、医師ともめることを嫌う傾向にあり、「医師と議論するな」と注意されることになるのです。

本来、医療業務に携わる方たちは、ボランティア精神に基づいていることが前提となっていますので、健康保険などの制度により、国の保護を受けているわけですね。

ですから、利益を追求することに、罪悪感のようなものを持たなければならない、特殊な職業であり、奉仕活動でもあるのです。

だから、より早く薬を袋に詰める事ができる薬剤師が、調剤薬局では優秀で、患者にアドバイスをしたりして余計な時間をかけたり、医師と議論したりして、無駄な時間を使ったりしてはいけない、という現状の調剤薬局のあり方は、本末転倒なのです。

又、患者も医師から処方された薬のほうが、経済的負担も少ないし、よく効くということで、調剤薬局に訪れるわけですので、調剤薬局の売り上げに貢献してるともいえるわけです。

ですので、お互いがwin winの関係にある一方、国民全体の税金が増えるという結果につながっていることが、現実に起こっているのです。

ところで、健康保険利用率が一番低い長野県が日本一の長寿県だということをご存知ですか?

「副作用がないから良いじゃないか」と、過剰投薬や漫然投与を否定しない、調剤薬局の経営者がいるみたいですが、ほんとうにそうでしょうか、あなたは、お年寄りが調剤薬局からもらってくる薬の、約半分の種類は必要無いと思っていませんか?

長野県の例を、深く検証する機関は出ないものでしょうかね!まあ、命がけになるので、誰もやりたがらないでしょうけど、あなたには解っていてもらいたいのです、薬の過剰投薬や漫然投与が決して患者の為になっていないことを。

これからの調剤薬局

厚生労働省により、医薬分業の見直しが行われ、2015年6月9日に調剤薬局は、門内薬局が認められるようになり、『門前』から『かかりつけ』、そして『地域』へ」ということで「患者のための薬局ビジョン」を調剤薬局は遂行することとなりました。

そこで、新たに調剤薬局の務めとして、服薬の一元的・継続的な把握や、それに基づく薬学的管理・指導などを、薬局・薬剤師が持つべき機能だと定義されました。

しかも、調剤報酬改定では、門前薬局の報酬を引き下げる一方、「かかりつけ薬剤師指導料」「かかりつけ薬剤師包括管理料」を新設し、かかりつけ薬剤師に手厚い報酬体系にする旨の法案が作成されました。

又、厚労省は平成28年度の診療報酬改定で、特定の病院の処方箋ばかりを扱う薬局の調剤報酬を減額する方針で、「門外薬局」「門内薬局」ともに同様の取り扱いとなります。

ということは、調剤薬局も宣伝活動をしないとならなくなるわけでして、今までのような袋詰め作業だけでは、将来性が無く、経営的にもきつくなり、薬剤師に支払う給料も減額されることになるでしょう。

128716
ですから、あなたが選ぶべき調剤薬局は、門内薬局であり、なおかつ患者とのコミュニケーションが活発に行われている所ということになります。

そんな門前薬局をお探しでしたら、こちらに当サイトおすすめの転職エージェントの情報がありますので、どうぞご覧ください。
↓ ↓ ↓
薬剤師が転職サイトを選ぶときはランキングよりも口コミや評判が正解


総合案内ページはこちらになります。
=>薬剤師転職の為の情報サイト!

SNSでもご購読できます。