薬剤師の転職でdiに就く方法!業務内容!

wmn0120-001
薬剤師のあなたが転職を考える時に、diってどうかな?

なんて必ず考えますよね!

でもdi業務っていったいどんな内容なんだろうか?

どこで募集してるのかな?

などの疑問も同時に起こるわけですが、このことを詳しく知る人が周りにいないときには本当に困るわけです。

そこで、この場でそのことの解説をしますので、もしも気になるようでしたら、転職サイトに登録して、ご自身で検索して調べてみてください。

その後に、di業務に就くことを決心したならば、次に転職エージェントに登録することをおすすめします。

では、diの業務内容について紹介します。

diの業務内容は薬品に触れない

まず古くなった薬品の管理や、新しく開発されて出てくる薬品の情報収集や管理などが主な仕事となり、調剤部とは別の医薬品情報室と呼ばれるdi室での業務になります。

ですから、製薬企業や大型病院、又は医薬品卸業者などに必要となり、調剤のように直接薬品に触れることがありません。

病院でのdi業務は、薬剤師や医師が取り扱っている医薬品の情報を集め、そして管理し、必要に応じて提供することになります。

製薬企業では、MRや営業からの確認や資料作成のための情報収集といった作業になります。

医薬品卸業者は、各病院の医療従事者や、調剤薬局やドラッグストアなどに勤める同じ薬剤師からのから、薬品に関する問いあわせに答えるという、大事な業務をも担っています。

diは、以上の三種類に分けられますが、いずれも薬品に触れない業務ということになりますので、小さなお子様を持つ母親には、おすすめの職業といえます。

di業務は難しい?

新薬を含む、多くの薬品の情報管理ということは、それぞれ薬品の持つ副作用までも把握することになり、膨大な資料の整理と記憶が必要なのでは?

と思うわけですが、決してそのようなことは無く、むしろパートや契約社員といった形態で働けることも多い職場なのです。

というわけでして、diの職に就きたいと思われたならば、転職サイトから転職エージェントに登録がおすすめと言いましたが、このような特殊なところですと、転職エージェントの非公開求人に多く存在することになることでしょう。

いずれにしましても、このような職はやはり専門の転職エージェントしか扱っていないので、当社おすすめの転職エージェント等をご利用してください。

こちらの記事をご覧ください↓ ↓ ↓
薬剤師が転職サイトを選ぶときはランキングよりも口コミや評判が正解

総合案内ページはこちらになります。
=>薬剤師転職の為の情報サイト!

SNSでもご購読できます。