ドラッグストアーの薬剤師に求められるスキルに変化!転職

ドラッグストア
今日、悩み相談のサイトで、ドラッグストアで働く方の投稿を目にしました。その方の悩みは、調剤についての知識がなさ過ぎると言うものでした。

患者さんに検査値を見せられても、ほとんど解らないんだそうです。それでどう勉強したらよいかという質問でした。

患者側からしてみれば、薬剤師は医師と並ぶほど、病気の知識があると思っている訳ですから、様々な質問をするのは、至極当たり前のことです。

しかも、ドラッグストアという、日常生活と密接な空間に居る薬剤師には、気軽に質問出来ると言うものです。

今後のドラッグストア

そんなドラッグストアですが、近年大きく変化してきています。

それは、第2次安倍内閣が制定した「日本再興戦略」において、医療政策は「平均余命延伸策」から「健康寿命延伸策」へ大きく変化しました。

これは、読んで字のごとく、健康で長く生きていくための策を講じるということで、予防医学の考え方をもっと広い意味でとらえたものです。

そこで、真っ先に白羽の矢が飛んできたのがドラッグストアではないでしょうか?

なぜならば、庶民と一番密接な関係で、しかも、気軽に話しやすい医療の専門家の居る所がドラッグストアだからです。

その結果、薬剤師や登録販売者などの専門家には医療、薬物療法の専門的な知識から日常生活指導まで幅広い知識が求められてきています。

そのこともあり、大手のドラッグストアでは、調剤薬局併設の所がどんどん出てきていますし、居宅や高齢者施設等への介護サービスを手掛ける所も出ています。

このように大きく変化してきているドラッグストアですが、では、そこで働くには、どのような事が求められるのでしょう?

ドラッグストアで働く

結論から言いますと、ドラッグストアで働く方は、ある程度の知識を要求される事になりますので、ドラッグストアへの転職をお考えの方は、研修制度のある所を選びましょう。

ただ単に給料が高いからという理由だけで選ばないでください。給料の高い原因に労働時間の長さもある事を見落とさないでいただきたいです。

それにしても、これからのドラッグストアは「健康食品の機能表示」義務化により、それらの知識も必要になるかと思いますが、ますます患者さんとの密な繋がりが出てきて、ますます、やりがいのある職場になるのではないでしょうか。

しかも、「リフィル処方箋」が決まれば、一部、医師の代わりを務める事になるわけですから、その分、スキルアップが必要になるわけです。

そんなこともあり、ますますスキルアップを求められている薬剤師ですが、そんな勉強する暇など無いという薬剤師さんは、間違いなく遅れを取ります。

どうゆうことかと言いますと、認定薬剤師制度や、専門薬剤師制度などが、すでに動き始めています。

このことは、近い将来、飽和状態になると言われている薬剤師は、何らかの資格を取得していないと業務に携わる事が出来なくなる可能性が出てきます。

ですので、今の職場で何とかスキルアップの為の時間を貰うか、それが出来ないのであれば、早めの転職を勧めます。

※薬剤師の方で、転職をお考えでしたら、こちらの記事もご覧いただければと思います。
↓ ↓ ↓
薬剤師が転職サイトを選ぶときはランキングよりも口コミや評判が正解

総合案内ページはこちらになります。
=>薬剤師転職の為の情報サイト!

SNSでもご購読できます。