子育て後でもパートで働く薬剤師が登録するのは転職エージェントが良い

子育て
薬剤師が子育ての為に職場を離れる事は良くある事ですが、その後の職場復帰となると、役所関係か大手企業でないと、もとの場所に復帰することが出来ないのが現実で、ほとんどの方は、再就職かパートと言う事になるでしょう。

そこで今回は、パートについて観て行きましょう。

ドラッグストア

では、まずパートではと考えた時に思い当たるのが、近所のドラッグストアではないでしょうか。おい

こちらは、短時間就労や労働日を選びたい方に良く利用されています。そして時給ですが、薬剤師は2000円~3000円と言う事でして、一般のパートよりかなり優遇されています。

よく聞かれる事に、ドラッグストアはノルマがあって大変なんだと言われますが、パートには関係無い事ですので、その辺の事は、気にしなくてもよいと思います。

実は、私の従姉妹もドラッグストアの薬剤師としてパートをしています。

それは、子供がまだ学生なのでという理由と、家にずうっと居たくないと言う理由からです。

まあ、生活にある程度余裕のある方にとっては便利な職場なのかもしれません。

調剤薬局

それから調剤薬局ですが、お勧めは、時給の低い所で、薬剤師の人数も2~3人位で、出来れば社員の薬剤師が一人で、他の薬剤師はパートと言うような小規模の所です。

なぜなら、いくら時給が低いと言っても、薬剤師なら時給で2000円位になるでしょうし、自分と同じパート薬剤師が多くいる所の方が、間違いなく働きやすいです。

調剤薬局は薬剤師の出入りが多い所と言われていますが、ほとんどが人間関係ですので、時給につられないようにしてください。

以上、2件のパートについての注意点をまとめてみましたが、たまに市町村単位で募集することもありますので、広報は、こまめに見ておきましょう。

今後のパート事情

今現在、薬剤師の資格を取得していると言うだけで、何処でも就職の道がありますが、今後4~5年もすると、パートといえど、薬剤師の資格は必要条件で絶対条件にはならなくなります。

絶対条件は、どれだけのスキルを持っているかを問われます。

ですから、スキルを上げる事が出来る職場なのかを、下調べの時点で見分ける事も、大切なパート探しの一つの要素になると思います。

そこで、様々なことを相談できる、転職エージェントに登録されるのが最良の選択になります。

なぜなら、転職エージェントは、求人先企業の詳しい情報を持っていることと、気になる企業に直接聞いてもらえたりもするからです。

そしてあなたは、別段何もする必要がないので、あなたの大切な時間を奪われるということもないのです。

ですので、是非ご活用になってみてください。

当サイトおすすめの、転職サイト比較記事はこちらになります。
↓ ↓ ↓
薬剤師が転職サイトを選ぶときはランキングよりも口コミや評判が正解

総合案内ページはこちらになります。
=>薬剤師転職の為の情報サイト!

SNSでもご購読できます。