薬剤師転職志望動機の作成

志望動機を作成することは、多くの方にとって、頭を悩ませてしまうものです。

もし最初から上手く作成できるのであれば、特に悩むようなことはないですが、さすがにそうもいかないのが現状です。

だからといって、志望動機の欄を空欄にして薬剤師転職に臨むようでは、採用担当者にやる気を伝えることが難しくなってしまいます。

それならば、どのようにして志望動機を作成すれば良いかについて、事前に知っておく方が賢明です。

志望動機作成法

では、志望動機を練るにあたって、大切なことは何でしょうか。

まず、自分の言葉で書くことです。

この際、面接のマニュアル本のようなものを参考にする必要はありません。

もしどのようにして文章を構成すれば良いのか分からないのであれば、マニュアル本を参考にして作成しても、特に問題はありません。

ただし、その際にマニュアル本の内容を丸写しにする行為は、くれぐれも控えるようにしないといけません。

そんなことをしたところで、採用担当者の目にはばれてしまうのがオチですし、何よりも自分の熱意が伝わることがありません。

真似をしても良いのは、文章の「型」であって、内容ではないのです。

次に、ベクトルを企業側に向けることです。

志望動機というと、自分がしたいことを書きたくなるものですが、大切なことは、どのようにして応募先企業の役に立つことが出来るかを述べることです。

これだけのことでも、採用担当者の心に少なからず響き、その結果採用を勝ち取ることができるようになるのです。

そのためにも、面接先の企業についての情報は必須のものとなります。

ですので、的確で多くの情報を持っている転職サイト選びが大事になります。

そこで、当サイトおすすめの転職サイトをご紹介します。

ぜひご活用ください。

薬剤師転職サイト決定版!

 

 

SNSでもご購読できます。