薬剤師転職!調剤薬局とドラッグストアの紹介

f21
一言で薬剤師の転職とは言っても、色々な職場への転職ができます。

それは、どの職場においても、その職場の独特の良さがあるし、それが薬剤お師というお仕事の面白さでもあります。

調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社など、色々な職場で多種多様な人材を募集しています。

例えば、調剤薬局とドラッグストアを比べた場合、一体どんな違いがあるかについて見てみましょう。

職場の違い(調剤薬局・ドラッグストア)

まず、調剤薬局の場合です。

調剤薬局では、文字通り、医師が指示したとおりに投薬することが主な業務となります。

どのような類の薬を扱っているかについては、調剤薬局ごとに異なってきますが、とにかく、扱っている薬の種類は非常に多いです。

まあ、覚えるのも大変かもしれませんが、そこは薬剤師ですから、業務に慣れてくると、投薬するべき薬を即座に判断することができるので、その分業務もスムーズに回ることになります。

また、地域密着型の調剤薬局であれば、お客様とのコミュニケーションも親密になります。

調剤薬局については、こちらの記事も合わせて御覧ください。

調剤薬局勤務の薬剤師薬剤師には出世・昇給が無い!高給の所へ転職
調剤薬局での仕事はキツイですか?まとめてみた!

次に、ドラッグストアの場合です。

ドラッグストアでは、調剤の部門が設置されている場合と、無い場合とがあり、どちらの部類になるかによって、業務が異なってきます。

ただし、薬以外にも色々な商品を扱っているので、それに付随する業務にも携わっていくことになります。

また、お客様から薬の購入に関して質問されることもあります。

詳しくはこちらの記事を御覧ください。↓
ドラッグストアーの薬剤師に求められるスキルに変化!転職

以上、代表的な2つを紹介しましたが、その他には、学校薬剤師、病院薬剤師、麻薬捜査官、自衛隊の薬剤担当幹部候補、地方公務員の薬務職、などがあります。

このように、薬剤師の仕事先の多様さには驚かされますが、だからといって、どこでもいいという訳にもいきません。

あなたに合ったところでなければ、ただストレスを抱えるだけになります。

ですから、ここは慎重に行動しなければならないところです。

では、どのようにして自分に合った職場を探したら良いのでしょう?

その方法を記した記事がありますので、ぜひご参考にしてください。↓
薬剤師転職での失敗はこれを知らなかったから!

結局、求人先の仕事内容や、職場環境を知ることが、最も大事な転職時における情報収集であることは間違いありません。

当サイトおすすめの、転職サイト比較記事はこちらになります。
↓ ↓ ↓
薬剤師が転職サイトを選ぶときはランキングよりも口コミや評判が正解

総合案内ページはこちらになります。
=>薬剤師転職の為の情報サイト!

SNSでもご購読できます。